足立の花火大会2018の開催日程&時間!アクセスはどこからがおすすめ?

みなさん、こんにちは!らりぃです。暑いですね、、、。どこもかしこも30℃越ですよ。ここ最近の日本は、夏はアフリカより厚くて、冬はロシアより寒いって噂ですよ。ヤバいですよね。スーツとか着てる場合じゃないですよね。女性はある程度涼しい服装できますけど、男性は厚くてもスーツですもんね。クールビズとか言ってるけどあまりメジャーじゃない気がします。学校にも未だにエアコンがない所もあるし・・・本当に色々見直さなきゃダメだよ、日本。と思った今日この頃です。さて、今回は足立の花火大会2018の開催日程&時間!アクセスはどこからがおすすめ?と言う事で色々調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

2018年も開催!足立区花火大会!

今年で、40回目となる足立区の花火大会

40回目という事ですが、数年の中断や名称の改めを経て

大正13年から続く歴史のある花火大会です。

東京で開催される花火大会では一番早く行われるみたいですね。

 

全国の行ってみたい花火大会 第3位!

全国の行って良かった花火大会 第3位!

毎年、多くの観客を魅了し続けている足立の花火大会。

 

私は残念ながら東京に住んでいた頃も

一度も行った事がないんです。

私、何と言っても人混みが嫌い!

有名な花火はテレビで中継してくれちゃうから

涼しい所でビールでも飲みながらゆっくり見たいなぁ〜

と思っちゃいます(笑)

 

一度、有名な某◯田川の花火大会に行ってからというもの

あの人混みの悲惨さに懲りてしまいました。

あの時は、花火を見るよりも

屋台で色々と食べていた思い出しかないな(笑)

 

足立の花火大会の昨年の来場者数は

約60万人!!

荒川の開けた場所で打ち上げられるので

都内なのに割と混雑しないって噂です。

 

いやいやいや、

十分混雑してますね。

(あーでも、某隅◯川よりはゆっくり見られそうな雰囲気でいいですね。)

でも、こんなに近くで打ち上げ花火を見られるなんて

素敵ですね。

打ち上げ花火下から見るか!ですね。

・・・。

 

2018荒川花火大会の日程&時間は?

開催日:2018年7月21日(土)

時間:19:30〜20:30

場所:東京都足立区/荒川河川敷

 

なんと1時間で1万3600発を打ち上げるんですって!

打ち上げる数だけじゃなくて、種類も豊富で

スターマイン、大会名物のナイアガラ

音楽に合わせて打ち上げる花火など

観客を飽きさせない演出がたくさんありますよ!

 

足立の花火は何と言っても川で打上る花火を

河川敷という近い場所から見られる事ですよね。

次々と上がる花火をこんなに近くから見られるなんて

それはもう大迫力でしょうね。

 

観覧場所は

お花見のように場所取りが必要ですが、

無料で鑑賞できます!

 

千住側(写真 下)と西新井側(写真 上)の2カ所があり

千住川は正面で打ち上げ場所も近いですが

狭いので混合うようです。

西新井側は裏側ですが河川敷が広いので

ゆったりゆっくり鑑賞するには

西新井側がおすすめですよ!

 

アクセスはどこからがオススメ!?

アクセス方法は、

荒川の南側(千住側)と北側(西新井側)

の2つに分かれていまので、

それぞれの方法をご紹介します。

 

荒川の南側(千住側)

・東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」より徒歩15分
・日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」より徒歩25分
・京成本線「千住大橋駅」より徒歩25分

 

東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」は

毎年大混雑しているようなので、

日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」か

京成本線「千住大橋駅」がおすすめです。

でも、徒歩25分掛かるようなので・・・

時間には余裕を持って下さいね!

 

北側(西新井側)

・東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」より徒歩15分

西新井側は鑑賞エリアが広いので

どの辺りで花火を見たいかによっても

変わってきますので、

事前にしっかり確認して下さいね!

 

そして、当日は会場周辺道路は

18:00~22:00頃まで

車両通行規制がされますので、

駅からタクシーを使おうとお考えの方は

ご注意ください!

 

 

第40回 足立の花火 車両通行止めのお知らせ通行止め

 

おわりに

さて、今回は

足立の花火大会2018の開催日程&時間!アクセスはどこからがおすすめ?

という事で、色々調べてみました。

夏ってなんか切なくなるのは私だけ(笑)

今は毎日厚くて嫌になりすが、

お盆が終われば、

急に涼しくなるし、日が短くなるし・・・

なんかすごく切なくなります。

ですから、花火大会や海や…etc

今のうちに夏を満喫しましょう!