【いぬやしき】アニメ第6話の感想・一部ネタバレ!皓に降り注ぐ悲劇と暴走

どうも、ありもです。

前回の『いぬやしき』は獅子神 皓の

自宅アパートに警察が押しかけてきて

包囲されてしまうというところで終わりました。

 

抜群の引きで一週間どうなるのか

気掛かりで仕方なかったですね。

それでは今回のあらすじからどうぞ。

スポンサードリンク

【いぬやしき】第6話のあらすじ・一部ネタバレ

皓に大勢の警察官が飛びかかり、

拘束されたかにみえた。

 

だが力を開放すると

一振りで警察官を跳ね除け、その場から逃走する。

 

上空で皓は、母のことを思い涙をみせていた。

ある程度飛んだ街中に降り立った皓は

視界にテレビ画面を表示させていた。

 

テレビでは皓の顔写真が公開され、

どの番組でもその話題で持ちきりだった。

 

皓は自身が全国で指名手配になっても

動じていない様子だった。

 

そこに渡辺しおんが声をかけてきた。

皓やチョッコーが通う高校では

皓の情報提供を呼びかけていた。

 

ホームルームが終わるや、

クラス中も皓のことで持ち切りになっていた。

しかし、唯一事情を知るチョッコーは

浮かない顔をしていた。

 

皓は渡辺しおんの働きかけで

彼女のマンションに身を潜めていた。

彼女は両親を亡くしており、

祖母と二人暮らしだった。

 

しおんは他に

真犯人がいると信じているようだった。

そして祖母はテレビを見ないので、

皓のことを家出した少年と思い込んでいるようだった。

 

その晩、布団を抜け出した皓は

二人を殺そうとする素振りをみせる。

しかし、昨晩に母の発言から

人殺しを辞めると決意していたので思いとどまった。

 

スポンサードリンク

その頃、壱郎は

チョッコーと落ち合っていた。

以前に皓がスマホの機能を頭に移植したので、

壱郎にもそれを勧めていた。

 

理解が追いつかない様子の壱郎だったが、

チョッコーの指示通りに進めていった。

 

壱郎がUSBポートの上に

指をしばらく乗せてから爪を剥がすと、

そこにはUSBポートが存在していた。

そこにケーブルを差し込むと、

壱郎の視界にはスマホの画面が表示されていた。

 

こうすることで、

飛行中でも手を使わずに会話できるとのこと。

何処まで通話が可能なのか実験がてら、

壱郎はどんどん高度を上げていく。

飛行機を眼下にはしゃぐ壱郎はさらに高度を上げていた。

 

気づけば宇宙に達してしまい、

宇宙飛行士にその姿を目撃されたため

慌てて帰還するのだった。

 

チョッコーは2ちゃんねるで、

皓一家に対する治療の誹謗中傷の

書き込みを発見していた。

 

それを見て新たな犠牲者が出る前に

探し出さなくてはと発起していた。

 

その頃、皓は母が報道陣の前で

謝罪インタビューを受けている番組を見ていた。

 

その後もニュースを通して

母の情報を得ていたのだが、番組のテロップに

母が自殺したという文字がおどった。

 

ふらついた足で外へ出た皓は

上空へ飛び上がると母の死に慟哭した。

 

翌朝、皓の父親の家には

多くの報道陣が連なっていた。

皓がやってくるや、

報道陣を一人残らず惨殺してしまった。

 

晧は人気のない路地に場所を移すと、

2ちゃんねるで母の死を笑うやつらに”全員殺す”と書き込む。

晧の書き込みに余計に盛り上がりを見せる掲示板だった。

 

早速、皓はマスコミに

晧の住所などを流していた男を特定すると、

男のディスプレイ上には晧の姿があった。

 

それでも信じていない様子の男に向かい、

指鉄砲で男の太ももを撃ち抜いてみせた。

男は慌てて死角となるローテーブルに隠れる。

 

男は発砲が止んだことで晧を煽り出したのだが、

晧はテーブルに置かれたノートパソコンに

場所を移していた。

 

そして、銃殺された男は

その様子を2ちゃんねるに流されていた。

 

同様に書き込みをした人物の

スマホやパソコン上に現れては

次々と殺害を重ねていった。

 

スポンサードリンク

【いぬやしき】第6話の感想

当然のことながら、

晧をあっさりと確保とはいきませんでした。

 

さして、家族や友達だけは

絶対的に優しい晧でしたが、

今回最愛の母を亡くしてしまいました。

 

母の仇なのか、追いまわして

追い込んだマスコミを虐殺し、立て続けに

2ちゃんねるの住民たちも次々と葬っていきます。

 

マスコミを襲う場面では、指鉄砲ではなく、

ライフルを構えるような素振りをすると

見えない弾が乱射されるという新たな一面もありました。

 

一方で、スマホやパソコン越しに

指鉄砲を撃てたのは、カメラ越しに

ってことなんですかね。

ローテーブルで死角が生まれていたことから、

そこまで融通の利く範囲ではないように思えます。

 

これでチョッコーの不安が的中してしまいました。

やはり親友だったこともあり、

ある程度の行動なら把握できるのかもしれません。

 

デバイスなどに精通しているチョッコーは

壱郎をしっかりサポートしていて、

良いタッグになってきていますね。

 

無邪気に飛び回る姿や

ハイテクに驚愕する姿など

小日向さんの演技が光りました(笑)

 

そして前回初登場したばかりの

渡辺しおんですが、早くも

晧を自宅で匿い物語に作用してきました。

 

母を失い暴走した晧と

再び接触してしまうことを考えると

不安でなりません。

 

晧に唆されているというよりは、

晧がそんなことするはずがないと

思い込んで匿っているように思えました。

 

今回は起承転結でいうところの

「転」に突入した感じですね。

 

この後も更なる悲劇を引き起こすであろう晧を

二人は食い止めることができるのでしょうか。

というわけで、来週もお楽しみに!

 

【いぬやしき】はAmazon Prime Videoで独占配信中


放送を見逃してしまった…

コミックを愛読しているのでアニメでも見てみたい…

そんな時には、オンライン動画配信の

サービスでの視聴がおすすめです!

いぬやしきはAmazon Prime Video

独占配信中ですので、それ以外のサービスでは

視聴することができません><

Amazon Prime会員になることで視聴できますので

「いぬやしき」絶対見たい!なあなた!

是非視聴してみて下さい☆

それではまた次週もお愉しみに♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします