【妹さえいればいい。】アニメ第6話感想・一部ネタバレ!<メディア展開さえ上手くいけばいい。>

どうも、ありもです。

今回は『妹さえ。』6話の記事になります。

前回では伊月の小説のコミカライズが決定しました。

 

今回はコミック担当の漫画家登場や

春斗のアニメ初回放送、千尋の真相など

盛りだくさんの内容でした。

 

やっぱり京ちゃんは

ええこやな~ってなる回でした(笑)

 

それでは、あらすじをどうぞ。

スポンサードリンク

【妹さえ】第6話のあらすじ ※一部ネタバレあり

『妹法学園』シリーズのコミカライズを担当する新人漫画家・三国山蚕との顔合わせをする伊月。お嬢様にしか見えない蚕にコミカライズを任せていいのか不安になる伊月だったが、実は蚕も妹萌えであり、二人は意気投合する。伊月の小説のコミカライズと春斗の小説のアニメ放送のお祝いを兼ねたお花見では、二徹明けで酔っぱらった土岐が伊月に絡み始めるなど、相も変わらず賑やかな一同。そしていよいよアニメが始まったが……!?

公式サイトより

伊月は担当編集と共に

漫画家との顔合わせに臨んでいた。

伊月は相手となる新人漫画家の三国山蚕の

可愛らしい容姿を見て一抹の不安を覚えた。

 

しかし、蚕は伊月の作品のファンで

その腕前は申し分ないものだった。

さらに蚕が妹属性が好きだと分かるや、

二人は直ぐに意気投合したのだった。

 

それから数日、二人の新刊発売や

コミカライズなどをひっくるめた

打ち上げが行われていた。

 

いつもの4人に編集、アシュリー、

千尋を加えたほぼオールスターで席を囲んでいた。

那由多は蚕が女性だと分かるや

伊月に食い掛っていた。

春斗の方は天敵である

アシュリーの存在に疑問を抱いていた。

 

どうやら日本酒を仕入れたからと

伊月が誘いを入れたらしい。

そんなアシュリーは

千尋の料理を甚く気に入った様子で、

スカウトしようと声かけする程だった。

編集は2徹明けの

酒の美味さを噛みしめていた。

編集者の苦悩を述べながらも

笑って見せた編集の顔に

京は何か感じたようだった。

 

スポンサードリンク

その頃、刹那は

伊月が留守のため近所を徘徊していた。

そこで伊月の部屋に

水を取りに行った千尋とすれ違う。

 

刹那は瞬時に千尋の”尻力”の高さを見抜いて、

まさに「千年に一人」の神尻だと評価した。

 

千尋の尻を見れば、

自身が一回り成長できるかもしれないと

踏んだ刹那は後を追う。

 

刹那は「君の尻を見せてくれ」

と直球で呼び止めた。

 

案の定、変質者と思われ

その場から逃げ出す千尋だったが、

刹那はそれに飛びかかるようにして手を伸ばした。

 

そしてズボンを脱がすことに成功するが

蹴りを食らい、逃げられてしまうのだった。

 

打ち上げの席では、アシュリーが

「来年の桜もみんなで見られるといいわね」

と不穏なことを言う。

 

春斗は作家の人生は不安定だから

と苦笑いするが、絶頂期の伊月は

一抹の不安もないと振る舞っていた。

 

スポンサードリンク

春斗の初回放送を見るため

4人は伊月の部屋に移動していた。

 

放送時間まで、まだ時間があるため

ゲームをすることになった。

 

大喜利系のパーティーゲームである

キャツ&チョコレートをプレイすることになる。

 

もっとも学生生活を楽しんでいる

プレイヤーからスタートする。

 

ぼっちの伊月や

いじめられた過去をもつ那由多、

男女関係のもつれでサークルが崩壊した春斗と

役者揃いで無傷の京からのスタートになる。

 

ゲームの中で、伊月が中学時代に

母を亡くしていることが判明したり、

那由多はトラウマが暴走して

狂気に駆られ暴走したりと新たな発見があった。

 

ゲームの片づけをしていた京は

”親友と同じ人を好きになる”という

カードを発見して硬直してしまう。

そこを那由多に話しかけられ、

慌てて片づけに戻る京だった。

 

原作者の春斗は昨日白箱が届いたが、

折角だからオンエアで楽しみたい

ということでまだ本編は未視聴だという。

 

そうしている内に放送時刻を迎えた。

春斗はSNSで視聴者の反応を気にしながら、

緊張した面持ちで見守っていた。

 

最初こそ好反応だったが、

次第に酷評が続いていった。

アニメは伊月たちも察してしまう程に

出来の悪いものだった。

 

放送を終え、

春斗は嫌な予感はしていたと漏らした。

アニメ製作現場での雰囲気から

察しもついていて、実は白箱は

怖かったから敢えて見なかったと語った。

 

春斗は盛り下げてしまったと気づき、

慌てて平然を装おうとします。

自身の小説は、現在ではどんな作品が人気か

分析してテンプレ的なものになっているとした。

 

しかしいくら酷評されようとも、

自分はそのテンプレ的な

王道ストーリーが大好きだから

書き始めたと語る。

 

自分からしたら、

かけがえのない大切なものなのに

どうして理解してくれないんだと

静かに怒りを露わにする。

 

それを聞いた京は号泣してしまう。

自分は作家ではないが、

頑張っても報われなかったら悲しい

ということくらい分かると涙していたのだ。

 

それを聞いた春斗は

少し救われた様子で礼を言うと部屋を後にした。

 

帰りのタクシーで春斗は

自分の気持ちを偽りSNSに

商業的コメントを残すのだった。

 

スポンサードリンク

【妹さえ】第6話の感想

最期は鬱展開かと危ぶまれましたが、

京ちゃんに春斗同様視聴者も救われました(笑)

ほんとにいい子やな。

 

春斗には酷な回となってしまいましたね。

誹謗コメントから読み解くに、

作画崩壊や新人声優のごり押しなど

原作を踏み台として扱われたようですね。

 

それだけでなく、

春斗が書きたい王道展開に

目の肥えた視聴者からは

テンプレと批判が集中していました。

 

こればかりは難しい問題ですよね。

どうしても先駆者有利ですから、

後から出た作品は二番煎じになってしまいます。

 

春斗の作家人生が揺らいだ一話だけに

今後の展開が気になりますね。

 

一方、ズボンを脱がされた際に

女性ものの下着が見えたことで、

千尋君が千尋ちゃんであることが判明しましたね。

 

あの容姿で疑わないはずもないのですが、

声優さんのキャスティングの時点で

怪しいと睨んだのは我ながら優秀だったと思います(笑)

 

どうして弟として振る舞っているのかなど、

まだまだ疑問は残りますが

一つ収穫があり良かったですね。

 

また今回初登場した三国山蚕先生ですが、

春斗のことがあったので何か裏があるのでは

と不安を覚えてしまいます(笑)

 

妹属性好きとちょっと出来過ぎている

気もするので心配ですね。

 

物語が大きく傾いた一話ですが、

順風満帆とはいかない作家業を

良く描いているなと素人ながら感じました。

来週もお楽しみに!

 

スポンサードリンク

【妹さえいればいい。】見逃し配信で視聴

終電帰宅で見逃してしまった…

録画予約を忘れちゃった…

 

などなど、

そんな時におすすめなのが

動画配信サービスでの見逃し配信動画です。

 

Hulu」「dTV」など、様々なサービスが

存在していますが、「妹さえ」は

U-NEXT」で配信されています。

 

月額2000円ほどかかるサービスですが、

登録から31日間は、無料で利用出来るので

「まずはお試し」で使うことが出来ちゃいます^^

 

つまり、

実質無料で視聴が可能というわけです。

(無料期間内での解約も出来ちゃいます☆)

 

また、「妹さえ」の他にも

アニメ作品が豊富に揃っているので

「懐かしいあの作品」や

「観たかったあの作品」も

いつでも見放題です☆

(一部有料もあるので注意!)

 

サイト内で簡単に作品検索出来るので、

興味があればチェックしてみて下さい〜^^

 

>「U-NEXT」で「妹さえいればいい。」を視聴する

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします