【いぬやしき】アニメ第5話の感想・一部ネタバレ!壱郎との出会いと、まさかの急展開!?

どうも、ありもです。

前回の『いぬやしき』は突然の鮫島登場で、

少々混乱した部分もありました。

 

今回は再び晧やチョッコーが登場し、

物語が進行していきます。

 

今回もラストの引きが良く

続きが気になって仕方がないです(笑)

 

それでは、今回のあらすじをどうぞ。

スポンサードリンク

【いぬやしき】第5話のあらすじ・一部ネタバレ

チョッコーは自宅で夕食をとっていた。

テレビからは連日のように

連続民家殺人事件について取り上げられていた。

 

その中で、凶器は

銃弾のようなものが用いられているとあった。

チョッコーは咄嗟に、その犯行が

晧によるものだと理解してしまうのだった。

 

再び学校に通うようになったチョッコーだったが、

同級生を殺したのはチョッコーと晧の二人だ

と噂の的になっていた。

 

晧と決別したあの日以来、

二人の間の溝は開いたままの状態にある。

帰宅したチョッコーは

警察に電話をかけようとしたり、

ネットで知識を求めようとするが

思うようにいかなかった。

 

しかし、ネット上のニュースで

気になる記事を発見する。

 

それは、治療困難な患者が

次々と目を覚ましているというものだった。

晧と同じことができる存在がいて、

晧とは対照的なことを行っているとしたら、

晧を止められるかもしれないと気づく。

 

晧がどんな小さな声でも聞こえると

漏らしていたのを思い出し、

一人部屋で助けを求めてみるチョッコー。

 

そこにチャイムが鳴り響き、

玄関の扉を開けた先には壱郎の姿があった。

一郎を部屋に招き入れ、

壱郎に晧のことを相談する。

壱郎も直ぐに合点がいったようで、

晧を止めなければと感情を露わにする。

 

ネットのニュースが

壱郎によるものだと分かるとチョッコーは

「本物のヒーローだ」と涙を見せる。

 

壱郎は「ヒーロー」という言葉に

呆然とするも、直ぐに否定してみせた。

 

壱郎は「晧を殺してしまうかもしれない」

とチョッコーに確認をとる。

 

しかし、返ってきたのは

「あいつはもう機械のバケモノだから」

というものだった。

 

その言葉に壱郎は

「僕は機械のバケモノと認めたくないから、人助けをしている」

と本音を漏らした。

 

そんな姿にチョッコーは

「少しでもあなたの力になりたい」

と協力を申し出るのだった。

 

スポンサードリンク

一方で晧は帰宅途中に

渡辺しおんから告白を受けるも、

軽く受け流していた。

 

その足で向かったのは離婚した父親の家だった。

父親は新しい家庭を築いており、

その家族と晧は良好な関係がうかがえた。

 

自宅に帰った晧は二人暮らしの母親から

自身が末期がんだと告げられる。

晧は母親を死なせまいと

秘かに治療を施すのだった。

 

早速その晩、壱郎とチョッコーは

とある解体現場に能力の実験にやってきていた。

今まで自発的に兵器を用いた攻撃を

したことがない壱郎は

武装を展開させるのにも一苦労であった。

 

ようやく展開した腕の中に

格納されていた兵器を放つと先には

クレーターを彷彿させる巨大な穴が生まれていた。

 

その後も壱郎とチョッコーは

都内の病院を治療して回っていた。

壱郎の起こす奇跡を目の当たりにしたチョッコーは

やはり壱郎はヒーローだと確信する。

 

後日晧は、がんが無くなったと喜ぶ母親に

金が手に入ったから引っ越そうと持ちかける。

 

その金が犠牲者たちのものだとは知りえない母親は

一人話を進める晧に流され、

月50万のマンションに引っ越すことになった。

 

テレビでは相変わらずあの事件のことで持ち切りだった。

それを見ていた母親から

「どんな親に育てられてたのか」

という言葉が出る。

 

しかし、

重要参考人に任意出頭の文字が画面に映り、

事件は表向きには解決したかに思えた。

 

晧は先ほどの母の言葉を聞いて

人殺しをもうやめようと心を改たにする。

そこにチャイムが鳴り響き、

警察が流れ込んできた。

 

晧は慌てて裏の敷地に逃走を図るも、

そこにも警察の姿があった。

最愛の母親を前に晧は拘束されてしまうのだった!?

 

スポンサードリンク

【いぬやしき】第5話の感想

ラストが急展開過ぎました。

どうして晧に捜査が及んだのかは

現状では不明ですが、おそらくは

ATMの防犯カメラではないかと推測しています。

 

そして、

拘束されたかどうかは定かではありません。

 

ラストシーンでは、10人程の警察官が

一斉に晧に飛びかかっていました。

 

通常の人間なら程なくして御用となりますが、

周知のとおり晧は機械の身体なので

いくらでも切り抜けようはあります。

 

ただ母親の顔前であることを

気にする素振りを見せていたので、

どちらに転ぶかはわかりません。

 

しかしどちらにせよ、もう母親と一緒に

平穏な暮らしを送ることはできなくなりました。

このことが、晧をより狂気へと

駆り立てることとならなければいいのですが。

 

晧の周辺では、新たに渡辺しおんという

同じクラスの女学生キャラが登場しました。

 

今回は晧に告白するも、玉砕してしまう

という情報しか得られませんでしたが、

物語にどのように作用するのか

注目したいところではあります。

 

一方で、壱郎とチョッコーが出会い、

行動を共にするようになりました。

 

その中で壱郎の心境が

明らかになったりと

中々感慨深いシーンがありました。

 

兵器の扱いについては

まだまだの壱郎ですが、晧が窮地に陥り、

何が起こるか分からない現状では

その上達が急がれます。

 

今回も抜群の引きで

視聴者を楽しませてくれました。

来週放送も楽しみです。

 

【いぬやしき】はAmazon Prime Videoで独占配信中


放送を見逃してしまった…

コミックを愛読しているのでアニメでも見てみたい…

 

そんな時には、オンライン動画配信の

サービスでの視聴がおすすめです!

 

いぬやしきはAmazon Prime Video

独占配信中ですので、それ以外のサービスでは

視聴することができません><

 

Amazon Prime会員になることで視聴できますので

「いぬやしき」絶対見たい!なあなた!

是非視聴してみて下さい☆

 

それではまた次週もお愉しみに♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします