【監獄のお姫様】第3話の感想・一部ネタバレ!爆笑ヨーグルト姫が監獄に!?

こんにちは!

第3話となる「監獄のお姫さま」

クドカンファンとしては毎回たまらない

面白さで、今回もあっという間の一時間でした。

 

今回は、「爆笑ヨーグルト姫」が監獄に。

さぁ、どんな騒動が巻き起こったのでしょう?

あらすじを伝えつつ、視聴した感想をお伝えします^^

スポンサードリンク

【監獄のお姫さま】第3話のあらすじ

“爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、警視庁前で犯行声明を読み上げる 板橋吾郎 (伊勢谷友介) の長男・勇介 (前田虎徹)。池畑刑事 (米村亮太朗) は、無事保護された勇介から情報を聞き出そうとする。

2012年・初春。自立と再生の女子刑務所。
主任の北見 (河井青葉) に引率された 江戸川しのぶ (夏帆) が、新人寮から カヨ (小泉今日子)・明美 (森下愛子)・洋子 (坂井真紀)・悠里 (猫背椿)・リン (江井エステファニー) のいる南2号棟雑居房に連れて来られる。以前テレビで見た爆笑ヨーグルト姫が目の前に現れ、洋子たちはしのぶに興味深々の様子。

公式サイトより

 

【監獄のお姫さま】第3話の感想 ※一部内容ネタバレ

5人の「訳あり」女性たちの在籍する場所は、

刑務所内の雑居房と言うより、

まるで学校の寮のようなノリですね。

 

本当に服役囚なの?と

思わず首をかしげてしまいたくなるくらい

明るく楽しげな雰囲気に、

こちらもつい頬がゆるんでしまいます^^

 

ワイワイガヤガヤおしゃべりが絶えないのも、

いかにも話好きのおばさん達らしくて(失礼)

いいなと思いました。

 

新入りだった馬場カヨが、いつの間にか

すっかり周囲に馴染んでしまっているのも、

飾りことなく常に本音で接する

同室の女性たちのおかげでもあるのではないでしょうか。

 

服役まで経験してしまった彼女たちにとって、

ある意味これ以上怖いものなんて

もうないのかもしれませんね。

 

更に新たに服役囚として、

“爆笑ヨーグルト姫”こと江戸川しのぶが

仲間入りしますが、みんなして

根掘り葉掘り事件のことを聞く様子は

おせっかいおばさんそのもの。

 

服役していなかったら

昼間からワイドショーを見ているような、

普通のおばさまたちと変わらないのかもしれません。

 

何より馬場カヨが、

姫のことを自分の娘のようにきにかけ、

興味本位だけの周囲とは違って

親身になって話を聞いているところに好感が持てました。

 

マイペースでどこか

抜けたところはありますが、

こんな母親がいたらいいなぁと思います。

 

普段は姉御や女優に

いじられっぱなしですが、

いざとなったら頼もしい強力な

味方になってくれるのではないかと感じます。

 

やはり息子という守るべき存在がある分、

精神的にタフな部分が彼女には

あるような気がしてなりません。

 

渡せないと分かっていながらも

息子に手紙を書き続けていることからも、

彼女の芯の強さと共に愛情の深さを感じました。

 

スポンサードリンク

第三者からすると、馬場カヨを含め、

服役囚はみんな事件を犯してしまった

「前科者」としか見られませんが、

一人一人に注目するとそれぞれに事情があり、

見えない人間性があるんだなぁということを実感します。

 

ドラマに夢中になったり、

カラオケで盛り上がったり、

なんら普通の人間と変わらないところを見ると、

道を踏み外したり犯罪を犯してしまうのも、

ほんの紙一重の出来事が

きっかけになるのではないかと思いました。

 

馬場カヨだけではなく、

他のメンバーの服役されることになった経緯も

ぜひ知りたくなります。

 

馬場カヨ含む5人の女性たちが

なぜ板橋吾郎を誘拐し、

過去の秘密を暴こうとしているのか、

少しづつその全容が明らかになってきましたが、

 

あそこまで執拗に

板橋を追い詰めようとするからには、

5人それぞれが彼に深い恨みを持っているのでは、

と当初は考えていました。

 

しかし過去の回想を見る限り、

接点が直接あったわけではなさそうです。

 

どちらかというと、

姫の冤罪をはらすために

一致団結して戦おうとしている

のではないかと思いますが、

それが本当であれば、すごく仲間思いですよね。

 

その団結ぶりが異常なほど勇ましく

息もぴったりなので、

さすが刑務所出身というべきか、

板橋吾郎が思わずひるんでしまうのも

無理ないなと思ってしまいます。

 

中でも印象的なのが、

“先生”こと元刑務官の若井さんです。

 

刑務所を出てもどこまでも

“先生”をしているところが笑えます。

 

仕事が板に付きすぎているのか、

それともあれが彼女の素の姿なのか…

気になるところです。

 

そしてそんな彼女の号令をきちんと守る

5人の元服役囚の女性たちにも。

 

ひとくせもふたくせもある彼女たちに、

プライドが高く頑固そうな板橋吾郎が

どんなふうに対応するのか、

今後も存分に振り回されることが予想されますが、

もうしばらくその過程を見ていたい気分です。

 

爆笑ヨーグルト事件の真相が暴かれ、

姫の冤罪が晴れる日は果たして来るのでしょうか?

波瀾万丈を感じさせますが、

今後の展開に期待しています。

 

第4話の予告動画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします