【コウノドリ2期】サクラに手紙を送る女性・三浦芽美役の女優は誰?

金曜ドラマ 「コウノドリ 命についてのすべてのこと」

監獄や選挙、はたまた刑事系など、

スピード感あふれるエネルギッシュな

ドラマが並ぶ今期ですが、「コウノドリ」は

どちらかというとしっとりした空気感漂うドラマです。

 

出産という奇跡。

そしてその先にあるそれぞれの人生。

子を持つ親でなくても、

この世に生を受けたものなら

必ず経験している出産について、

一週間に一度、想いを巡らせてみるのも

良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

第一話のレビュー

さて、第一話では、

耳の聞こえない妊婦さんと、

生まれてくる赤ちゃんに

先天性の病気(の可能性)が見つかった妊婦さん

の二組の家族に焦点をあて、

それぞれの出産までの葛藤を描いていました。

 

妊娠出産には不安がつきものですが、

生まれる前からお腹の子に障害や

その可能性があったとしたら、

親としては心配でたまらない気持ちになると思います。

 

こうすれば良いという

解決策なんて無いのでしょうが、

それでもこのドラマ「コウノドリ」は、

色々な場面に直面した時に、どんな事を考え、

どのように行動すればよいのか?

 

そして当事者に対して

どんな言葉をかけてあげるのが良いのか?

など、とても良く考察されていると感じました。

 

言葉がけについてですが、

ペルソナ総合医療センターの先生方のセリフが

とっても印象的だったので、ぜひここでも

シェアさせていただきたいと思います。

 

これらの言葉がそのまま万人に伝わるか

と言えば、そんなことはないと思いますが、

この状況でこんな素敵な言葉をかけられるというのは

やっぱりすごいと思います。

 

先生たちの素敵なセリフ

四宮先生「産科医一人にできることなんて限られてる。背負いすぎるな、サクラ」

今橋先生「病気の重症度とご家族の感じる生きづらさは必ずしも一致しない」

サクラ先生「迷惑かけたっていいじゃない」

 

これらは、ちょっと見方を変えると、

必死に子育てを頑張っている

新米ママたちに向けた言葉でもあるのですよね。

ドラマを見ながらウルっときたのは

私だけではないはず!

 

スポンサードリンク

サクラ先生に手紙を送る女性・三浦芽美とは?

第一話で、

ペルソナ総合医療センターのメンバーが

頼もしく成長していたり、

また様々な家族が新しい門出を迎える中、

なんとなくサクラ先生の様子がおかしいのです。

 

離島の恩師を訪ねたり、

そっと手紙を読み返していたり…

この手紙の主はいったい誰で、

そしてサクラ先生との間に何があったのでしょうか?

 

この女性、なんと第二話で

ゲストとして出演が予定されているようなのです。

公式HPによると、

サクラ先生に手紙を送る女性の名前は、

三浦芽美といって

「サクラが主治医として診ていた妊婦。サクラに出産したあとの幸せな日々を綴った手紙を送っていた。」

という事です。

 

第一話でも、退院する時の

幸せそうな笑顔が印象的でしたよね。

(サクラ先生の記憶の中のシーン)

 

幸せな日々を送っていたのに、その後、

何が起こったのでしょうか?気になります!

 

三浦芽美役の女優さんは?

ところで、この三浦芽美役の女優さん、

どこかで見た事のある方も多いのではないでしょうか?

 

まだあどけなさの残る可愛らしい女優さんですが、

結構実力派なんですよ!

手紙を送る三浦芽美役の女優・松本穂香さん

【名前】松本穂香

【生年月日】1997.2.5

【出身地】大阪府

【身長】162cm

【趣味・特技】演劇部

【所属事務所]】FLaMme

公式サイトより

 

趣味も特技も演劇なんて、

よっぽど演劇が好きなんですね。

 

松本穂香さんですが、実は

ひとつ前のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっ子」に、

主人公みねこの乙女寮の仲間で、

メガネ姿が印象的な澄子役の女優さんでした!

 

「ひよっ子」では、バリバリの福島弁で、

性格はのんびりマイペース、そして

食欲旺盛な不思議な役どころを熱演していました。

メガネ姿も印象的でしたよね!

 

SNSは彼女の魅力がたっぷり

 

不思議な可愛さがありますよね(^^)

男性ファンが多いのも納得!

 

「コウノドリ」第二話では

どんな演技を見せてくれるのか、期待したいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします