【ブラッククローバー】アニメ第3話の感想・一部内容ネタバレ!魔法騎士団に入団!?

前回のブラッククローバーは

主人公であるアスタの元に

五つ葉のクローバーが描かれた

ボロボロのグリモワール(魔導書)が届きました。

 

そしてそのグリモワールからは

他の魔導書とは違い魔法を無効化する剣が現れて、

ユノのグリモワールを奪った敵を倒すことに成功します。

 

アスタはユノを小さい頃に

街の不良から助けたことがあり、

それをきっかけにお互い

魔法帝を目指すことを決めました。

 

アスタは魔法帝になって

シスターや教会の人達を裕福にするために、

ユノは魔法帝になってもうアスタに

守られてばかりじゃなく今度は自分が守るために。

 

アスタとユノはお互いを魔法帝を目指す

ライバルとして認め合い、グリモワールを

手にした今もその関係は変わりません。

 

果たして3話目はどういった展開になるのでしょうか。

 

【ブラッククローバー】第3話の感想・一部ネタバレ

いきなり今回の話が始まって早々

なにやら強そうな怪物が

街を破壊するところから始まります。

 

そこにどうやら魔法帝らしき1人の青年が現れて

光り輝く魔法を出して怪物を倒しました。

どうやらこれが伝説となった魔法帝の始まりのようです。

 

魔法帝はいったいどうゆう能力なのでしょうか。

今後もっと魔法帝について詳しく描かれるかもしれませんね。

 

ブラッククローバーの現代では

魔法帝は一人じゃありません。

 

魔法帝は代々受け継がれ魔法騎士団として

いろんな団体が存在し、敵を倒しながら

世界の平和を守っているようです。

 

そして魔法騎士団に入るには

入団試験を受けて合格すると

入団できるようになります。

 

3話目は入団試験に向けての

アスタとユノが描かれています。

果たして魔法が使えな落ちこぼれのアスタも

魔法騎士団に入ることはできるのでしょうか。

 

魔法を使えないアスタは

グリモワールから出た剣を素振りして

今日も練習に励みます。

 

努力型の主人公は、

落ちこぼれでも諦めない気持ちが強いため

共感しやすく応援したくなりますね。

 

アスタとユノは

お互いのライバル意識を持ちながら

魔法騎士団の入団試験に備えます。

 

神父様はアスタが

魔法騎士団に入団する事に反対のようですが、

本当は神父様自身がアスタと

離れるのが寂しいだけのようですね。

 

五つ葉のクローバーは

なにか裏があるようで、老人の魔法使いは

何か心当たりがあるよう…今後に期待ですね。

 

スポンサードリンク

アスタの練習中に同じ教会に住む少年が

魔法騎士団になんかなれっこないと言いに来ます。

 

彼はアスタと同じ捨て子で

すでに人生を諦めていますが

それを認めず決して諦めないアスタ。

 

単純ですが言ったことは曲げずに

努力し続けるアスタは

ザ・少年漫画の主人公といった感じですね。

 

教会では神父がアスタとユノが

入団試験を受けるということで

豪勢な料理を作って応援します。

 

どうやらアスタには

そこまで期待していないようですが

アスタはなにを言われてもめげずに諦めません。

 

そしてまた

シスターに結婚を申し込んで断られるという

もはや鉄板ネタが炸裂します。

 

正直毎回やっていますが

個人的には少しくどすぎるような気がします^^;

 

今回は試験の前のアスタとユノが

育ててもらった教会との関係性を丁寧に描いていますね。

ブラッククローバーのアニメは

漫画と違い原作と違う部分も丁寧に流すため

より世界観がわかりやすくなっていますね。

 

魔法騎士団の試験を目指すため

競争をしながら走って向かうアスタとユノ。

 

相変わらず暑苦しいアスタ

とどこまでも冷静なユノは

チグハグですが戦闘の相性は良いようで

食料を取ったり、障害物を超えるのは

いいチームワークを発揮しています。

 

果たして2人とも

同じ魔法騎士団に入るのでしょうか。

また魔法騎士団の入団試験には

どんな内容の試験があって、

どのような人が受けるのでしょうか。

 

次回からはいよいよ

魔法騎士団の入団試験が始まるようです。

次回が今から楽しみです。

【ブラッククローバー】アニメ第4話の感想・一部ネタバレ!入団試験始まる!

2017.10.25

 

【ブラッククローバー】の見逃し配信を実質無料で!

・見たかったのに予定があって見れなかった

・録画予約がちゃんと出来ていなかった

 

などなど、

放送を見逃してしまった際に便利なのが

ネット上で視聴することができる

動画配信サービスです。

 

dTV」というサービスで配信されており、

いつでもどこでも、視聴することが可能です。

 

本来月額制で料金のかかるサービスですが、

登録より31日間は無料で視聴することができるので

うっかり見忘れてしまったさいのフォローには

ぴったりなサービスです。

(気に入ればもちろん継続も可能です)

 

僕も普段利用していますが、

作品がかなり充実しているので、

ちょっとした空き時間や、1日の自由な時間に

ゆっくり休みながら視聴するのが楽しみだったりします^^

 

もし興味があれば是非チェックしてみて下さい〜。

という訳で、また次回もお愉しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします