【刑事ゆがみ】坂木望役の女優は誰?うきよ台駅の駅員役の杉咲花が可愛い!

木曜劇場「刑事ゆがみ」

いよいよ10月12日(木)10時からスタートします!

 

主人公の弓神(ゆがみ)役には、

民放連続ドラマ初主演の浅野忠信!

弓神の普段の性格は、

人と一緒に行動することが苦手で、

適当でだらしないという、

どうしようもない性格なのですが、

 

事件の捜査になると、

先入観なく犯罪者の心の深くまで読んでしまう

天才ぶりを発揮するのだとか。

 

そんな一癖も二癖もある刑事役を、

演技派俳優の浅野忠信がどう演じるのか?

見ものですね。

スポンサードリンク

 

大人になった名子役たちの活躍ぶりがすごい!

さて、そんな「刑事ゆがみ」ですが、

個人的には、弓神とタッグを組む

後輩刑事の羽生虎夫(はにゅうとらお)役の

神木隆之介くんに注目しています。

 

普段の行動も、捜査でも、

めちゃくちゃな弓神に振り回されつつも、

その几帳面さと正義感ゆえに最終的には

バディとして凸凹コンビぶりを

発揮してくれるという役どころです。

 

神木隆之介君と言えば、

6歳でドラマデビューしてから、

たくさんのドラマや映画に引っ張りだこの

名子役としての印象が強いですよね。

 

最近では、

「サマーウォーズ」や「君の名は」などの

アニメ映画での声優としての活躍も多いようです。

 

所属事務所アミューズの公式HPによると、

神木隆之介は1993年5月生まれの24歳!

もう成人しているんですね!驚いてしまいます。

 

今回は自身初の刑事役という事で、

青年を卒業して大人(社会人)として

堂々と活躍する新しい神木隆之介が見られそうです。

 

そして、偶然かわかりませんが、

周りを固めるゲスト出演者にも子役出身者が多いのです。

 

第一話では、

女子大生の変死体の発見から事件が始まります。

その女子大生の友人役として

出演が決まっているのが、大後寿々花さん。

 

大後寿々花さんも、神木隆之介くんと同じく

1993年生まれの24歳で、7歳の時に

劇団ひまわりでデビューしている

子役出身の女優さんです。

 

11歳の時には、ハリウッド映画の

「SAYURI」に出演し話題を呼ぶなど、

素晴らしい経歴の持ち主でもあります。

 

そんな大後寿々花さんですが、

2005年のテレビドラマ「あいくるしい」では、

なんと神木隆之介と共演したことがあるのです!

 

神木隆之介演じる幌が一目ぼれする

ミステリアスな女の子役で出演していましたが、

それから10年以上たって、

またドラマで共演することになるとは、

なんだか不思議な縁ですね。

大人になった二人の演技、見ものです。

 

そして、もう一人、子役出身の女優さんが

第一話に登場します。

 

スポンサードリンク

第一話に登場するうきよ台駅の駅員役は杉咲花

第一話の女子大生変死事件を追う

弓神と羽生が捜査線上で出会ったのが、

杉咲花演じるうきよ台駅の駅員、坂木望。

 

杉咲花さんは、研音所属の女優ですが、

その前は子役として一時期

スターダストプロモーションに

所属していたこともあるようです。

 

現在の事務所に所属してから、

味の素のクックドゥーのCMで、

勢いよく回鍋肉を食べる娘役がハマって

一気にお茶の間の人気者になりましたが、

2016年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では

ヒロインの妹役で出演し、

それまで子役(少女役)のイメージが強かったのが、

日本を代表する女優の一人として

幅広い世代から支持されるようになりました。

 

また、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、

第40回日本アカデミー賞で

最優秀助演女優賞を受賞するなど、

映画界でも認められています。

 

さて、そんな杉咲花さんですが、

羽生役の神木隆之介とは、

「中学の同級生で久しぶりの再会を果たす」

という役どころ。

 

実際にお二人は過去に、

ドラマ「学校のカイダン」や

映画「メアリと魔女の花」(声優として)などで

共演したことがあるのだとか!

 

特に「メアリと魔女の花」の制作の際には、

お互いを「花様」「神様」と呼び合う程、

互いに尊敬し合う相手なのだそうです。

 

「刑事ゆがみ」第一話でも、

そんな二人の息の合った演技が期待できそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします