【いぬやしき】アニメ第2話の感想・一部内容ネタバレ!通り魔の正体とは!?

どうもみなさん、ありもです。

こうも天気のすぐれない日が続いていていると

外出するのも一苦労ですよね。

 

こんな時は自宅でアニメにドラマに映画とテ

レビ前に張り付いている私です(笑)

 

今回はいぬやしきの第2話についてですが、

前回のもさながら今回も次回放送が待ち遠しい内容でした。

 

前回のいぬやしきを簡単に振り返ります。

スポンサードリンク

 

【いぬやしき】前回・第1話のふりかえり

老人のような見た目だが、

犬屋敷壱郎は冴えないサラリーマン。

UFOの墜落に巻き込まれ、

その拍子に兵器ユニットを搭載した

機械の体に生まれ変わった。

 

自身の存在に戸惑う壱郎だったが、

リンチされていた男性を

偶然にもその力で救出したことで、

自身の存在意義を見出したのだった。

 

【いぬやしき】第2話のあらすじ ※ネタバレあり

獅子神晧は友人から壱郎の娘である

犬屋敷麻理の容姿の良さについて聞かされていました。

 

晧には、それがどうもピンと来ないらしく、

ワンピースのナミの方が良いなんて流していました。

 

晧はつづけて、クラスメイト

の安堂直行がリンチされて以来、

不登校であること話題にします。

 

晧は幼稚園からの付き合いで

気にかけている様子でしたが

友人はそのことに無関心でした。

 

放課後、晧は安堂の住むマンションを訪れます。

 

晧は名前をそのまま音読みした

チョッコーのあだ名で直行を呼んでいます。

 

頭まで布団をかぶっているチョッコーをよそに、

ジャンプを読んで感動して涙を見せる晧。

 

ジャンプを読み終えた晧は、

リンチ動画が電波をジャックされ

配信されたことを話題にしますが、

関係ないけどと吐き捨てます。

 

つづけて、最近近辺で通り魔の犯人が

お前ではないのかと問い詰めますが、

最後には冗談だと笑ってみせました。

 

GANTZ信者であるチョッコーに

糞漫画だと批判され、

中身のない人間だと反論するチョッコー。

 

中身はないんだけどねと、首肯をした晧は、

自身の頭部を展開してみせる。

 

あの時、壱郎と同じく巻き込まれた高校生は

獅子神晧だったのです。

 

外へ出ると晧はカラスを見るように

チョッコー支持します。

 

指鉄砲を作ってカラスに向かって

「バン」と言うとカラスは力尽き落下していきました。

手品だと思い込んでいるチョッコーに話を合わせ、

もっと面白いものをみせると言い、

二人は池袋に向かいます。

 

家電量販店のテレビ画面に晧が触れると

全てのテレビの映像が卑猥な映像へと切り替わります。

 

店を後にして、

チョッコーは面白かったと称賛していましたが、

適当な場所に到着して披露された手品に驚愕します。

 

晧が指を鳴らすと走行していた車の自由を奪い、

操り事故を誘発させて辺り一面を大惨事にしたのです。

 

そして、チョッコーの家に帰った二人。

再登校を不安に思うチョッコーに

リンチした奴を教えてくれたら、

俺が殺してやると言い放ちます。

 

翌朝迎えに来るからと、

一方的に告げて部屋を後にする晧。

 

チョッコーは昔に晧が家族や友人以外は

死んでも何とも思わないと

言っていたことを思い出します。

 

帰宅途中、とある民家に押し入った晧は

一家を惨殺していきます。

通り魔の正体はまさに晧自身だったのです。

 

死体に続けざまに弾をぶち込んだり、

命乞いをさせてから殺したりと

晧の狂気さがうかがえます。

 

そこに帰宅した娘が母の無残な姿に泣き崩れますが、

晧は彼女を階段に座らせどんな漫画を読むかと訊ねます。

 

戸惑いを見せながらもワンピースと返答すると、

はしゃいで質問を繰り返す晧。

 

他の家族の安否を訊ねると、

今はワンピースの話をしている最中だと豹変。

 

彼女の命乞いを聞いて、

これを待っていたとばかりに

満足そうな表情をみせます。

 

彼女の手を取り、指なぞってみせると

皮膚が割れ出血。。

 

慌てる彼女をよそに晧は

どんなアーティストが好きかと質問を続けます。

 

そんな中、帰宅した壱郎が耳に触れると

女性の叫び声が飛び込んできました。

事態の深刻さに気づいた壱郎は

すぐさま車を走らせます。

 

しかし、叫び声がやんだことで

女性が亡くなったことを察し、

玄関先で倒れた女性に駆け寄り、

自身の不甲斐なさとその残酷な犯行に涙します。

 

そこに晧がやってきて、

壱郎にも指鉄砲を放つと家を後にします。

 

しかし、気配を感じて振り返ると

そこには殺したはずの壱郎の姿が。。。

 

スポンサードリンク

【いぬやしき】第2話の感想

今回も次週が気になるラストでしたね!!

自身の作品のGANTZの自虐ネタの部分は

正直笑ってしまいました。

 

獅子神晧の残酷さを表すためとはいえ、

中々にショッキングな内容でした。

 

しかし、犬屋敷と対峙する存在の強大さを

表すには仕方のないことですし。

作品の魅力として、同じ力を手にした二人が

対比した力の使い方をしている点がありますね。

 

通常ならば善悪を逆にして描かれると思うのですが、

そうしないところがまさに

逆転の発想といった具合で面白いです。

 

もう既に壱郎の面構えが

まさしくヒーローになっていて、

カッコいいとさえ思ってしまいました(笑)

 

早速、衝突の気配をみせた物語に

一週間待てる気がしません(笑)

 

【いぬやしき】はAmazon Prime Videoで独占配信中


放送を見逃してしまった…

コミックを愛読しているのでアニメでも見てみたい…

 

そんな時には、オンライン動画配信の

サービスでの視聴がおすすめです!

 

いぬやしきはAmazon Prime Video

独占配信中ですので、それ以外のサービスでは

視聴することができません><

 

Amazon Prime会員になることで視聴できますので

「いぬやしき」絶対見たい!なあなた!

是非視聴してみて下さい☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします