【監獄のお姫さま】第2話の感想・一部ネタバレ!獄中生活は波乱の幕開け!?

先週スタートを切った「監獄のお姫さま」

クドカン作品は毎回楽しませて頂いてます^^

 

今回からいよいよ監獄生活が始まります。

ひと波乱もふた波乱もありそうな予感。。。

スポンサードリンク

【監獄のお姫さま】第2話のあらすじ

2011年秋、夫への殺人未遂事件で、馬場カヨ (小泉今日子) は5年の実刑となり 「自立と再生の女子刑務所」 に収監された。入所してすぐに、最も厳しい刑務官・若井ふたば (満島ひかり) から人定質問を受けたカヨは、ふたばの威圧感に負けそうになる。そしてこの日から、カヨは刑務所内では “69番” としか呼ばれなくなる。

公式サイトより

 

【監獄のお姫さま】第2話の感想 ※一部内容ネタバレ

「刑務所」と聞くと、どうしてもグ

レーの壁に囲まれた暗くわびしい場所で、

受刑者が無表情のまま淡々と

生活する様子を想像してしまいますよね。

 

実際のところはどうなのか分かりませんが、

ただこのドラマに出てくる女性受刑者たちは、

どこか明るく突き抜けており、

悲愴感を感じさせません。

 

おかしいことには笑い、

腹が立つことがあれば怒り、

人をうらやんだり、嫉妬したり。

 

人間味があるというか、

どんな場所でどんな生活をしていても、

彼女たちのように女性は本来、内に

したたかさを持っているのではないかと感じました。

 

刑務所に入りたての馬場カヨの視点から

それが描かれているので、こちらも彼女と

一緒になって新鮮な気持ちで見ることができました。

 

普段はなかなか刑務所の実情を

知ることができないだけに、

1日の生活を追ったストーリーは

とても興味深く、面白いと感じました。

 

一見ほんわかしたイメージで、

とても犯罪なんて犯しそうにない

馬場カヨがなぜ服役されることになったのか、

その理由を知って納得しました。

 

彼女はそれまで誠実にまっすぐに

自分や家族のために生きてきただけあって、

不倫という形でその道を崩してしまった夫が

どうしても許せなかったのではないかと思います。

 

「刺したことを反省していない」

「殺さなかったことを後悔している」

という彼女の発言は投げやりにも思えますが、

自分が正しい道を選んできたという

自負があるからこそのセリフではないでしょうか。

 

彼女が息子と一緒に写った写真を

雑居房に持ち込んだことからも、

愛情の深い、優しい母親であることが分かります。

 

スポンサードリンク

突発的に犯罪を犯してしまった彼女には

同情を禁じ得ませんが、それとは逆に、

どちらかというと計画性を持って(?)

犯罪を犯した他のメンバーにも

なかなか興味深いものがあります。

 

しゃぶ中毒の通称“しゃぶ厨”や

脱税の経済アナリスト勝田千夏など、

一見気が強そうに見える彼女たちですが、

感情に流されてしまう

女性らしい弱い部分が垣間見えて

どこか憎めないところがあります。

もちろん犯罪には違いないので

罪は必ず償うべきですが。

 

始めこそ新入りの馬場カヨに

冷たく接する彼女たちですが、

ぶつかり合いながらもだんだんと

打ち解けていく様子を見て本当はみんな

情が厚いんだなぁと実感しました。

 

こうなってくると、通称“姐御”や“女優”などの

服役された背景も気になるところです。

 

個人的には、姐御のたまに見せる

極道の妻ぶりが大好きです。

 

今後新しく収監されてくる

板橋吾郎の婚約者も含め、

それぞれがどんな掛け合いを見せるのか楽しみです。

 

スポンサードリンク

そしてそんな彼女たちを厳しく諫める

「先生」こと若井さんの存在にも注目しています。

 

クールで全く笑わないと思われた彼女が、

歓迎スイーツで盛り上がっていた

雑居房を注意した直後、ニヤっと

笑った瞬間を私は見逃しませんでした。

 

その笑顔は一体何を意味するんだろう、

と思わず考えてしまいます。

 

本当は若井さんも刑務官という仕事柄、

普段は自分を演じている部分も

結構あるのかもしれませんね。

 

彼女が“本心”を見せる瞬間が

今後もあることに期待しています。

 

こんなに個性豊かで、

言い換えれば強烈なキャラの女性たちに、

板橋吾郎が振り回されるのも

無理がないような気がします。

あんなにイケメン社長が顔を崩して

うろたえる姿は本当に笑えます。

 

それも彼の本当の悪を明らかにするためですが、

その事件の起きた背景や、また、

元監獄囚の女性たちがどんな方法で彼に復讐するのか、

早く知りたくてウズウズしています。

 

一緒に監獄生活してきただけあって、

すでに息もピッタリの5人の女性たち。

(たまにガクっとバランスを崩しますが…)

刑期を終えた彼女たちに、

もう怖いものなんてないのかもしれませんね。

 

このまま突っ走って、胸をスカッと

させてくれることを期待しています。

 

第3話の予告動画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします