【監獄のお姫さま】第1話の感想・一部ネタバレ!クドカン作品安定の面白さ!

『監獄のお姫さま』がいよいよ始まりましたね!

アップテンポでノリのいい展開に、

思わず惹き込まれ、あっという間の1時間でした。

なぜ5人の女性たちはEDOミルク社長を狙うのか?

 

彼女たちの要求する

「すべてを白状する」とは

一体なんのことなのか?

 

まだ分からないことだらけですが、

その全貌がこれから少しづつ

明らかになっていくのが待ち遠しいです。

スポンサードリンク

 

【監獄のお姫さま】第1話のあらすじ

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、テレビ番組にゲスト出演していた。久しぶりに再会した千夏と吾郎は、何やら親密な様子。そんな中、収録中に AD が出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚く吾郎。実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ (小泉今日子) がすり替えたものだった。
一体何が起こったのか !?

公式サイトより

 

【監獄のお姫さま】第1話の感想 ※一部内容ネタバレ

登場人物にみんな強い個性があり、

それぞれの掛け合いも面白く、印象的でした。

 

特に社長の板橋吾郎は絵に描いたような、

(と言っては失礼かもしれませんが、)

いかにもセレブ感満載の気取った経営者

という感じでしたが、誘拐事件の陰謀により、

そのクールな顔が崩れていくのが面白かったです。

 

それでもあくまで冷静に対応しようとするところが、

カリスマ社長という肩書きを持つ彼らしいなと感じました。

 

この社長役を演じているのが伊勢谷友介さんですが、

あまりにもしっくりはまりすぎて、彼以外に

この役はありえないのではないかと思ってしまったほどです。

 

そんな社長の正体を暴こうとする

女性陣にもぜひ注目したいところです。

犯罪をたくらむ人間にしては

どこか抜けている馬場カヨの存在は印象的でした。

 

5人の女性たちの中でも、

どちらかというと一番おっとりしている感じで、

普通に主婦をやっていそうな彼女。

 

「冷静に」という彼女の口癖は、

いかに普段自分がおっちょこちょいであるか

を自覚しているようで、

見た目は成熟した大人の女性ではありますが、

可愛らしく思えました。

 

どうやら別居しているらしい高校生の息子に、

クリスマスケーキをわざわざ届けるところを見ると、

子供思いの優しい母親であることが分かります。

 

息子の方も、

ややぶっきらぼうな感じではありますが、

そんな母親に本音では感謝している

気持ちが伝わってきて、

いい親子だなぁとジンと来ましたね。

 

別れ際、息子に

「今度はもっと会えなくなるかも」

と涙目で伝えた馬場カヨの真意が

すごく気になりました。

【監獄のお姫さま】息子・馬場公太郎役の俳優は誰?神尾楓珠がイケメン!

2017.10.17

 

また、5人の女性の中でも

一番年上と見られる通称「姐御」も素敵でした。

 

落ち着いた大人の雰囲気ながら

見た目は華やかで若々しく、

「飲み屋のママ」というイメージを持ちました。

 

板橋吾郎と飲んでいるときも

彼をうまく手の平の上で転がしているような

そんな感じがしましたね〜。

 

実際こんな女性が近くにいたら、

間違いなく憧れの対象になっていたと思います。

この先どんな「姐御」っぷりを発揮してくれるのか、

非常に楽しみです。

 

スポンサードリンク

姉御とはまた違う雰囲気で落ち着いているのが、

通称「先生」こと若井さん。

板橋吾郎の秘書を務めているあたり、

すでに秘書になる前から入念に

社長のことを調べ上げたことが考えられます。

 

常にクールでかつ頭が切れる彼女は、

板橋吾郎にとっても

絶対敵に回したくないタイプのはず。

今後の社長との駆け引きが気になるところです。

 

カリスマ経済アナリストらしく

華やかな雰囲気を持ち、

リーダシップにも長けているのが

通称「財テク」こと勝田さん。

 

計画のためなら自分を売ることも厭わない、

したたかな女性という印象を持ちました。

 

財テクどころか、すべてにおいて

テクを持っているような彼女が、

なぜわざわざ危険な犯罪に

手を染めようとするのか興味深いところです。

 

そして通称「女優」こと大門さんは、

いつもどこか自信がなさげで

肩書きにもはてなマークが付きそうな感じですが、

キャラクターとしてはすごく魅力的だなと思います。

 

声明犯行時の声色を変えての演技が

とても面白かったので、ぜひまた見てみたいです。

 

「監獄」や「復讐」など重いテーマにも関わらず、

それを感じさせない明るく笑えるストーリー展開は

魅力的で、誰もが新鮮さを感じるのではないかと思います。

 

5人の女性はこれから一体どういう道のりを歩むのか、

そして服役中の「姫」との関係や

板橋吾郎の過去の秘密など、

今後の展開に期待しています。

 

【監獄のお姫さま】第2話の予告動画

 

【監獄のお姫さま】第2話の感想・一部ネタバレ!獄中生活は波乱の幕開け!?

2017.10.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします