中塚翠涛(すいとう)の本名や年齢は?美人書道家の作品も素敵すぎ!

(TOP画像:http://pholic.jp/photo/346より引用)

どうもこんにちは、Masterです。数年前から「美しすぎる◯◯」という仰々しいキャッチコピーで溢れかえってますね。あれ失礼じゃないかなと個人的には思うのですが、一般的に広く浸透しちゃってるいる昨今。皆が使えば、違和感は薄れていくものなんですかね。どうだろ。

書道界にも「美しすぎる」方がいらっしゃいます。その御方が中塚翠涛(なかつかすいとう)さんです。美しすぎるというか、純粋に美しい。書道家ということで、書く字もまた美しい。世界中を魅了してしまうのも納得なお方なのです。度々メディアで取り上げられている中塚翠涛さんについて、今回フォーカスしてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

中塚翠涛(なかつかすいとう)さんプロフィール

suitou-nakatsuka2

芸名:中塚翠涛(なかつかすいとう)

本名:???

生年月日:1979年7月24日

出身地:岡山県倉敷市

所属事務所:パールダッシュ

年齢は、記事作成時点で37歳ですね。

僕より少し上の世代ですが、

僕の同級生とくらべてもずば抜けて美しい。

(小声)

大人の女性の魅力が漂ってます。

 

 

書道家さんだけじゃありませんが

日本の伝統芸能で、ある程度の地位に

いる方は芸名を持たれていますよね。

 

華道の先生や、日本舞踊の先生、

なんかはイメージが付きやすいです。

落語家さんなんかもそうですね。

歌舞伎は別名なのかな?

 

 

何世代も名前を受け継ぐ感じ、

伝統を重んじる日本らしい文化ですね。

 

あ、でも中塚先生の場合は

「受け継ぐ」パターンでは無さそうなので

伝統芸能のそれとはちょっと違うか。

うーん。

 

とここで、

本名が気になりませんか?

僕は気になって仕方ありませんでしたw

 

公式情報によると

上のプロフィールの通り「非公開」。

芸名があるわけですし、

公開する意味が無いですから、

「そりゃそうですよね」状態です。

 

でも、どうしても気になってしまう。

それがヒトの性というもの。

ね、気になりますよね?

 

リサーチしてみたところ、

本名が分かっている様子でした。

 

 

「中塚愛」さん、というお名前みたいですよ。

愛さん、というお名前も充分素敵ですが

書家としての翠涛というお名前にも

さぞ思い入れがあることでしょう。

 

翠涛(すいとう)の意味は?

難しい漢字で、一度聞けば忘れない

「翠涛」という名前。

いったいどの様な意味があるのでしょう?

これも気になりますよね(^^)

翠(すい)

よごれのないみどりの羽。 みどり。翡翠ヒスイのような青緑色。山・草・葉などよごれない青みどりのもの。青みどりの。

(https://mnamae.jp/c/7fe0.htmlより)

訓読みで「みどり」ですね。

きれいに透き通った青緑で、

ナチュラルな美しさを表しています。

 

涛(とう)

なみ。おおきななみ。うねり。なみだつ。水が風などでうねりをおこす。

(https://mnamae.jp/c/6d9b.htmlより)

簡単に言っちゃうと

ビッグウェーブを起こすってことですね。

英語にしただけw

 

この2文字の意味をかけ合わせて

「自然体の美しさで世の中を魅了する」

こんな感じの意味合いになるんでしょう。

きっと。

 

中塚先生にはピッタリですよね。

 

スポンサードリンク

中塚翠涛先生の作品が見たい!

テレビなどでも活躍されているので

美しい字は良く拝見するのですが、

考えてみたら先生の作品自体を

ちゃんと見たことが無い!!

意外と多いんじゃないでしょうか?

 

画像検索してみると沢山の作品が出てきます!

suitou-sakuhin

かかか、カッコいい。。

 

このリサーチの流れで知ったこと…

 

僕が大好きなドラマ「SPEC」の

戸田恵梨香さん演じる当麻紗綾の

書を監修していたのですね!!

touma

実は僕、10年以上書道を習っていたのですが

あの書にはとても惹きつけられていたんです。

 

それがまさか中塚翠涛先生の書だったとは…

(作中では破られちゃうのでもったいない)

 

この事実を知れて良かったー☆

改めてSPECを見たくなりましたw

(ドラマシリーズは何周したかわからない)

 

他の監修作品も知っているものばかりで驚き。

中居正広のミになる図書館(2011年 – )- この番組で行われている「ミになる美文字大辞典」で出演者の文字の採点、美しく書くためのアドバイスを担当。

戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち(2011年、テレビ東京)- 題字

武士の献立(映画、2013年) – 題字

龍が如く 維新! 龍が如く0 誓いの場所 – 作中の筆文字

wikipediaより引用)

比較的最近の作品が多いですね。

ということはつまり、

今後も色々な場面で活躍されそうな予感。

 

 

中塚翠涛先生の著書も沢山ありますので、

もっと作品について知りたい方は

是非チェックしてみて下さいね!

 

まとめ

  • 美人書道家・中塚翠涛(なかつかすいとう)先生が気になる!
  • 美しい名前にぴったりな美人書家
  • 身近な作品に携わっていてちょっと感動

今後も、中塚翠涛先生から目が離せません♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします