【アクタージュ】58話「芸能人」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「アクタージュ」58話のネタバレ

>前回、「アクタージュ」57話の内容ネタバレはこちら

 

舞台『銀河鉄道の夜』で上がった夜凪の注目度は公開迫る『デスアイランド』にも注目を与え、TVや雑誌、ネットでは噂の夜凪景が出演している『デスアイランド』として取り上げられていた。

スターズの事務所では・・・。

 

「『デスアイランド』がまんまと利用されているわね。各メディアが不自然に夜凪景を取り上げている。スターズの映画で夜凪景の宣伝とはいい度胸だわ。」

「・・・まさか黒山が?」

「あれはそんなに器用じゃないでしょう?」

スターズ社長、星アリサある人物を思い出していた。

『何を狙っている。天知心一』

 

杉北祭まで後4日

 

教室で吉岡と撮影中の夜凪は連日取り上げられる夜凪の話題をみた生徒達に取り囲まれていた。

「吉岡君ごめんなさい。私人気者みたい。」

冷や汗をダラダラ流しながら夜凪は吉岡に話しかけた。

「いや・・・まあ人気者に罪はないからね。」

「仕方ない。」

 

夜凪は立ち上がると

「昨日のアレでもう1度皆を散らすわ。」

「散らすってそんな必殺技みたいに言って!!あれはもうダメだって!!!」

「どうして?」

「どうしてって・・・・危ないし・・・それに・・・。」

吉岡は昨日アキラに言われた事が気になっていた。

 

『吉岡君。夜凪君の芝居は諸刃の剣なんだ。頼む吉岡君。夜凪君がさっきのような無理をしないよう見ていてやってくれないかな。』

 

吉岡は夜凪に自分がふがいない為に無理をさせたと詫び、仲間さえいれば余計な芝居をする必要はなかったと話し、

「やっぱり仲間を増やそう。俺に任せて。」

と夜凪と共に映像研究部へ戻るのであった。

 

「フツーに無理、ありえない。」

朝陽は雑誌に目を向けたまま、吉岡の協力依頼を断った。

朝陽に協力する理由もないことで押し切られそうになる吉岡だったがそこに夜凪が割って入った。

「お願い朝陽さん。私達本当に困ってるの。少しだけでいいので手伝ってくれないかしら。」

朝陽の顔が豹変し、明らかに不満の表情を募らせた。

「・・・はあ。夜凪さあ、吉岡の名前覚えてた?私の名前は?」

呆然とする夜凪

 

「ほらね。そういうのフツーに分かるから。うちらのこと、風景か何かと同じ風に見えてたんでしょ。全然興味なかったんでしょ。そんな奴が突然学際とか部活とか・・・友達とか?フツーに虫が良過ぎるよね?」

「これからは朝陽さんのことも皆のことも知りたいと思ってる。ごめんなさい。」

「・・・はあ。スターズの天使とかさあ、あんたとか、星アキラとか明神だっけ・・・?いいよね、芸能人って。皆美男美女で生まれつきフツーに人生イージーモード。」

 

朝陽は部室から出ようと夜凪の横を通ったとき、夜凪の目を見ずにこういった。

「あんた達、皆うちらのこと見下してんでしょ。そういうのわかるから。」

夜凪は振り返り朝陽の腕を掴むと、自分に非があることを認めた上で

「でも、私の友達のこと勝手に決めつけて悪く言うのは違うでしょ!」

と感情を朝陽にぶつけた。朝陽は驚きもせずに

「だってそう思うのがフツーじゃん。」

とあっさり返すのだった。

 

部室を飛び出した夜凪が向かったのは屋上だった。

心配して追ってきた吉岡に夜凪は

「・・・名前覚えてなくてごめんなさい。」

と謝り俯いてしまった。

 

それを見ていた吉岡は

「脚本を変えよう夜凪さん。俺は今の君が撮りたい。」

と提案するのであった。

 

 

スポンサードリンク

「アクタージュ」58話の感想

今週号は天知心一のよからぬ動きで、皆が知る有名人となってしまった夜凪。そんな芸能人『夜凪』に自分の「フツー」の定義を武器に畳みかけようとする同級生朝陽・朝陽とバトった夜凪をみて何かを感じ取った吉岡。皆が皆何かを感じた回でした。

次週、脚本変更を訴えた吉岡はどんな脚本に変えるのか?楽しみです。

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 17号」に掲載されている「アクタージュ」58話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb