【呪術廻戦】52話「規格外」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」52話のネタバレ

楽巌寺学長のギターから鳴り響く音が輮造に向かい見事にヒットした。

『成程ね。アンプもねぇのにいい音出すと思ったらこのジジイ自身がアンプなのか!!奏でた旋律を増幅させ、呪力として撃ち出す術式!!分かりやすい中距離タイプ。近づかれたくねえのが見え見えだ。』

輮造は楽巌寺学長の方を見つめるとニヤついてこう言った。

「財布を作ろう。加齢臭たっぷりのな。」

 

庵はスマホで皆に指示を出しながら進んでいた。

「了解。西宮もそのまま、家入のとこにいて。大丈夫、三輪は冥さんが見てる。」

そんな庵を背後から切りつける奴がいた。

庵は避け振り向くとそこには呪詛師(人間)が立っていた。

 

「絶対斬ったと思ったのに、これだから俺は・・・。」

その呪詛師が持っていた刀は持ち手が人間の手だった。

「いいでしょコレ。輮造が作ってくれたんだ。さっき会わなかった?オマエは非力だから刀からも握ってもらえって。ねえ、お姉さんは俺に何をくれるの?」

「オマエモテないだろ。」

そういって庵の後ろから現れたのは釘崎と真依だった。

 

「アンタ達!!」

「援護は任せて。誤射されないよう気をつけなさい。」と話す真依に

「オメエが気をつけろ!!」

と怒鳴る釘崎。その瞬間”帳”が上がった。

 

「”帳”が上がった!?」

驚く庵。

「マジィ?30分も経ってなくない?逃げよっ!」

敵の呪詛師は庵たちに見向きもせず逃げてしまった。

 

「さて、どこからいこうか。」

五条は空から全体を見渡していた。

『どうやらここまでのようですね』

虎杖たちと対峙していた特級呪霊はそう確信していた。

 

「五条せんせい!」

虎杖に声掛けられた五条は、虎杖のレベルが格段に上がったことを確認すると

『これなら心配いらないね。』

と内心呟き、

「となると優先すべきは。オマエだな。」

次の瞬間、輮造の後ろに立っていた。

 

五条に気がついた輮造は嬉しそうに五条に向かってくるが、五条はニヤツクばかり。

「殺すな!!」

楽巌寺学長が叫ぶと、輮造の手足は潰れ紐のようになった。

「コイツには色々と聞かないといけない。死なせちゃダメだよ。」

五条は笑顔で楽巌寺学長にそう話すと

「少し乱暴しようか。」

と術式順転「蒼」と術式反転「赫」を組みだした。

 

逃げようとする特級呪霊を追いかけようとする虎杖。それを東堂が止めた。

「東堂、なんで止める!!」

「それ以上進むな。巻き込まれるぞ。」

 

虚式「茈(むらさき)」

 

五条の放った虚式「茈(むらさき)」は五条の目の前から特級呪霊がいた場所まで全てを破壊し、地面を抉り取った。

「相変わらず規格外だな。これでは祓えたかどうかも分からん。」

と笑いながら東堂は話し、虎杖は開いた口がふさがらなかった。

 

「一件落着!!(ってわけにはいかないか。)」

厳しい表情を見せる五条とは別に、他の場所では笑顔で

「花御は無事かな・・・任務完了っと。」

と話す真人の姿があった。

 

 

スポンサードリンク

「呪術廻戦」52話の感想

今週号は五条悟の圧倒的強さを見せ付けた回になりました~!
強い!強すぎる五条先生!!

あ、あと楽巌寺学長のちょっと素敵な所も見れましたね。(ロックなお爺ちゃん♪)
五条の虚式で特級呪霊がどうなってしまったのか?次週が楽しみです。

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 17号」に掲載されている「呪術廻戦」52話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb