【アクタージュ】56話「隣の席の君」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「アクタージュ-actage-」56話のネタバレ

>前回、「アクタージュ」55話の内容ネタバレはこちら

 

業界をザワつかせる活動休止宣言に、夜凪の役者友達達も驚きを隠せずにいた。

「夜凪ちゃん活動休止やて」

「は?そんなバカな。あいつ今業界で話題になってんスよ。このタイミングでなんで」

「だってラインで本人がそう言うとるもん」

 

ラインには夜凪のメッセージで

『でもお芝居はこっそりする予定です。たのしみ』

と書かれていた。

 

事務所から撮影機材一式をもって登校しようとする夜凪に心配する雪。

「ほんとにそれで学校行くの?」

「うん、平気。」

「撮影機材一式貸してくれって映画でも撮るつもりかよ?」

 

黒山にそう指摘された夜凪は動揺しながら

「そ、そそそんな訳ないでしょ!学校祭の放送係?になっただけ!映画部の皆で一緒に映画を撮ってお芝居も友達も出来て一石二鳥とか思ってもないから!!」

 

自主映画”隣の席の君”

”君”は一人で登校してきて、一人でお昼を食べ、一人で帰って行く。”君”が誰かと仲良くしてるところを見たことがない。なのに”君”はいつも堂々としていて、僕は気づくといつも目で追いかけている。そんな”君の”1日を”僕”目線で描いた全4シーン10分の短編映画の撮影が今始まる。

夜凪の持参したプロの機材を使って撮影を試みるがまったく上手くいかず18テイク目まで突入してしまう夜凪と吉岡。

上手くいかない原因は人手不足だと考えた夜凪は、プロの人達に協力してもらおうと提案する。
その言葉を聞き吉岡は

「ほっとしたよ。これで夜凪さんに恥をかかせないですむ。実はこの脚本、夜凪さんを当て書きしたんだ。」

と話し、脚本の出来た経緯を話し始めた。

 

「覚えてないだろうけど、2年になってすぐ俺たちは隣の席で・・。俺はその瞬間から授業そっちのけでノートに脚本を書いたんだ。『いつか君で映画を撮りたい』そう思ってるうちに君が本当にプロになってしまって、めちゃくちゃ後悔した。もっと早く声かけていれば一緒に撮れたかもって。プロになった君が俺は相手してくれるはずないって諦めてた。勇気を出して、声かけてよかった。せっかく君と映画が撮れるんだから良いものにしたいよ。」

 

その話を聞いて夜凪は

「やっぱりこの映画は私たちだけで撮る。プロに手伝ってもらって作品が完成しても、私きっとその時あなたと喜べない。私・・・吉岡君の気持ちがわかるの。私はただあなたと映画が撮りたいだけ。貴方と同じなの。プロとか素人とか知らないの」

「・・・・でも観ただろ。こんな良い機材使わせて貰ってるのに俺」

夜凪は吉岡の手から機材を取り上げた。

「没収!吉岡君の買ったカメラでいい。録音部がいないなら音はあとでいれればいい。私の知ってる演出家たちは皆、したいことをするために一生懸命だった。吉岡君もしたいように撮りたいように私を撮って。」

 

吉岡のカメラ一つでの撮影が始まった。

 

>次回、「アクタージュ」57話の内容ネタバレはこちら

 

 

スポンサードリンク

「アクタージュ-actage-」56話の感想

今週号はなぜ吉岡君が夜凪で映画を撮りたかったか、そこまでの経緯が語られました。その話を聞いて何かがわかった夜凪はカメラ一つの撮影を提案しました。

次週、この学園編にアキラが参戦との事!人気役者『星アキラ』の参戦により夜凪のお友達作り計画はどうなってしまうのか?楽しみです!!

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 15号」に掲載されている「アクタージュ-actage-」56話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb