【呪術廻戦】49話「窮屈」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」49話のネタバレ

>前回、「呪術廻戦」48話の内容ネタバレはこちら

 

奥義『黒閃』を特級呪霊にクリーンヒットさせた虎杖。

『なんだ・・・?これ俺の呪力だよな?』

驚くと虎杖に

「呪力の”味”を理解したんだ。」と話す東堂。

「オマエは今まで口に入れたことのない食材を、なんとなく鍋に入れて煮込んでいるような状態だった。だが『黒閃』を経て呪力という食材の”味”を理解した今、呪術師(シェフ)として3秒前の自分とは別次元に立っている。おめでとう超親友。オマエは強くなれる。」

 

東堂と虎杖その他大勢とは何かが違うと気がついた特級呪霊。

『どうやら貴方達には多少本気を出した方が良さそうだ』

虎杖と東堂に向けられて発した大樹は今までの物とは範囲が段違いであった。

「なんつー攻撃範囲!!」

「ビビるな!!その分強度と速度は低い!!」

2人の後ろの樹木の間から姿を現した特級呪霊の攻撃に気がついた虎杖・東堂は同時に呪霊の顔目掛けて攻撃するがガードされてしまう。

 

「東堂!!もっとタイミングを合わせよう!!」

「あぁ!!」

再度攻撃しようとする二人の足元の大樹がいきなり消え、落下する2人。

『大地の有難味を知るといい』

落下する2人に向けて攻撃をしかける特級呪霊。

 

「ブラザー!!!」

虎杖・東堂は互いの足裏をあわせ、思いっきり跳ね呪霊の攻撃を鮮やかにかわしたのであった。

『アレをかわすか!!しかしなんだこの気持ちは!!』

特級呪霊は真人との会話を思い出していた。

 

「もっと正直になりなよ。『戦い』という今現在をもっと楽しんだ方がいいと思うよ。君の魂は少し窮屈そうだ。本当はもっと強いんじゃない?」

 

『真人 私は今 戦いを 楽しんでいます』

 

特級呪霊の攻撃が2人を狙う。

「大丈夫か虎杖(ブラザー)!!」

「無問題!!」

「重畳!!では俺の術式を解禁する!!」

 

>次回、「呪術廻戦」50話の内容ネタバレはこちら

 

 

スポンサードリンク

「呪術廻戦」49話の感想

今週号の『虎杖・東堂は互いの足裏をあわせ、思いっきり跳ね』はジャンプでいうところの『スカイラブハリケーンフィーチャリング次藤君』だそうです(笑)(作者あとがきコメントにて) 虎杖と東堂のコンビ技の性能がぐんぐん上がってきている様子がよく描かれていた今週号。来週は東堂の術式解禁(2回目)だそうで、とっても楽しみです。

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 14号」に掲載されている「呪術廻戦」49話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb