【呪術廻戦】48話「黒閃(こくせん)」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」48話のネタバレ

「はぁはぁ・・・重っ!!!」

学生の救助に徹する西宮の背中には狗巻と思われる人物がおぶさっていた。

『この2人がここまでやられるなんて・・・』

「頼んだよ東堂君、強いだけが、君の取得(とりえ)なんだから」

 

「いけるか!?虎杖(マイフレンド)!!」

「応!!」

「やめろ虎杖!!そいつは俺達でどうこうーゲホッゲホッ・・」

咳き込む伏黒を余所に、東堂は抱えていた真希をつれパンダを呼んだ。

 

「あいよ」

パンダは真希を受け取り肩に乗せた。

「2人を連れて”帳”を出ろ。西宮曰く、この”帳”は対五条悟用で俺達は問題なく出入りできる。」

「待て!!いくらアンタでも」

「伏黒、大丈夫」

虎杖の表情をみて悟った伏黒に東堂は話しかける。

 

「気づいたようだな。羽化を始めた者に何人も触れる事は許されない。虎杖は今そういう状態だ。」

悔しそうに噛み締めると

「次死んだら殺す!!」

と伏黒は叫び、パンダ先輩の方に乗せられ行ってしまった。

 

「そんじゃ死ぬワケにはいかねーな」

構える虎杖。

「俺は手を出さんぞ。虎杖オマエが『黒閃』をキメるまでな!!『黒閃』をキメられず、オマエがどんな目に遭おう

と、俺はオマエを見殺しにする!!」

「押忍!!」

 

「オマエ、話せるのか。一つ聞きたいことがある。」

特級呪霊に話しかける虎杖。

「オマエの仲間にツギハギ面の人型呪霊はいるか?」

『・・・いるといったら?』

虎杖の拳は地面を叩き、土砂を舞い上がらせる。

 

壁のように舞い上がった土砂の中から特級呪霊向けて岩が飛ばされ、その隙に特級呪霊の胴体に距離をつめた虎杖の打撃が入る。

『速い!!咲ほどの少女以上の瞬発力!!だが威力はお粗末だ』

胴体ガラ空き!手加減した打撃で油断しまくってる今ならキマる!!

「黒閃」!!

 

一瞬、虎杖の脳裏によぎった過去の映像。その瞬間を東堂は見逃さなかった。

虎杖の黒閃は特級呪霊に避けられてしまった。

特級呪霊と間を取り下がった虎杖の元に東堂が来ると、思いっきり平手打ちを虎杖に喰らわした。

 

「”怒り”は術師にとって重要な起爆剤だ。伏黒(とも)を傷つけられ・・・そして何より親友である俺との蜜月に水を差され・・・オマエが怒髪衝天に陥ってしまうのはよぉーーく理解できる。だがその怒りオマエには余る。今は収めろ」

再度虎杖に平手打ちを喰らわす東堂。

「消えたか?雑念は。」

「ああ雲一つねぇ」

 

Thank you so much 東堂(ベストフレンド)!!

 

「黒閃」とは打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み。

その呪力は黒く光る。

『黒閃』!!

虎杖の攻撃は特級呪霊の腹部を捕らえた。

「成ったな」

東堂は微笑んだ。

>次回、「呪術廻戦」49話の内容ネタバレはこちら

 

 

スポンサードリンク

「呪術廻戦」48話の感想

今週号は主人公虎杖が東堂にがっちり洗脳されているお話でした。(違うw)

ですが今週号作者あとがき欄に『お気づきかもしれませんが、虎杖は東堂によって洗脳済みです。』って書かれています。

今まで虎杖が東堂のこと「ベストフレンド」って呼んだ事なかったですよね?今後、本誌で洗脳過程も描かれて行くのか?楽しみです!!

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 13号」に掲載されている「呪術廻戦」48話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb