【呪術廻戦】43話最新話の確定ネタバレ・感想!「京都姉妹校交流会ー団体戦⑩-」

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」43話のネタバレ

>前回、「呪術廻戦」42話の内容ネタバレはこちら

伏黒と加茂の戦いは、一歩も譲らない戦いだった。

伏黒に向けて放たれる矢は、すべて式神との連携で叩き切られる。

 

『矢尻に少量の血・・・・・・。やっぱ物理法則無視の軌道は加茂さんの術式か。【赤血操術】自身の血とそれが付着した物を操る、血筋大好きの御三家らしい術式だな』

冷静に判断する伏黒に加茂は、

「式神の出し惜しみされるのはあまり気分が良くないね。」

と言い、矢で天井を打ち抜いた。

壊れた天井の破片で一瞬、加茂が視界から消え、次に映ったときは伏黒の右手目掛けて一発入れた時だった。

 

『こんなパワーあったかこの人・・・!?』

右手の痺れに驚きを隠せない伏黒に、さらに一撃を入れる加茂。

呪力で守るのが遅れ、伏黒の武器は折られてしまう。

 

『スピードもパワーもさっきまでとは、まるで別人!!血を操るということは、形状や運動だけではない。【赤鱗躍動】!』

「ドーピングか!!」

「よく気づいた。だが俗な言い方はやめてほしいね」

加茂の表情は余裕の一言だった。

 

真希に刀を取られ立ち尽くす三輪のスマホにメカ丸から着信が入る。

「はい。役立たず三輪です。」

「眠れ。」

三輪はその場に倒れ寝てしまった。

 

ー京都姉妹校交流会 団体戦ー 三輪霞 棄権

 

三輪の本当の電話相手は狗巻。

伏黒の式神【玉犬】からメカ丸の手をもらい、掛けたのであった。

玉犬を伏黒の元へ戻した、狗巻は背後から物凄い気配がすることに気がつき警戒する。

 

その場に現れたのは準1級呪霊。

虎杖殺害の為に、京都校楽巌寺学長が内密に放ったものだった。

「しゃけいくら・・・明太子。」

口元を覆うハイネックを開き戦闘態勢に入る狗巻。

 

その頃・・・

「さて、俺らも仕事を始めよう。」

「ハンガーラックを作ろう・・・五条悟は190あるんだろう?い~いハンガーラックが作れる。」

真人、花御ら特級呪霊も高専へ進入していた。

>次回、「呪術廻戦」44話の内容ネタバレはこちら

 

スポンサードリンク

「呪術廻戦」43話の感想

三輪ちゃん可愛い!!が今週号を読んだ最初の感想です(笑)まあ、刀とられちゃったし~素手じゃ勝てないし~と意外と冷静な三輪ちゃんが、争いに巻き込まれず棄権してくれてよかったと心の底から思いました。

次号は準1級呪霊や特級呪霊とのバトル満載になりそうですね、楽しみです。

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 8号」に掲載されている「呪術廻戦」43話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb