\すぐに利用したい方は筆者おすすめのU-NEXTで/

 

【ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね):配信情報】人気動画配信サービスより上位6社を厳選!

(※下の比較表は、スマホ・タブレットなど画面表示が小さい場合に横スクロール出来ます。)

U-NEXT FOD Hulu dTV ビデオマーケット TSUTAYA TV
 配信状況 1/9昼12時〜独占配信  ×  ×  ×     ×    ×
 無料お試し期間 31日間 1ヶ月 2週間 31日間 初月 31日間
入会後付与pt 600pt 100pt 540pt 1,080pt
月額料金 1,980円 888円 933円 500円 980円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV ビデオマーケット TSUTAYA TV

(◯:視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)」は2018年12月19日現在、配信中のサービスはありません。
1/9のお昼12時から「U-NEXT」で独占配信スタートになります!現時点では有料になるのかはわかりませんが、「U-NEXT」はポイント消費が必要な有料コンテンツでも、入会後に付与されるお試しポイント使用で無料視聴できる可能性アリです!

個別にサービスの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきますので、サービス内容をチェックしてみてくださいね^^

 

「ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、なんと言っても取り扱い作品の多さ。見放題作品は80,000本以上もあり、ポイント制の有料コンテンツを入れると120,000本以上もの作品が視聴出来ちゃいます!

有料コンテンツだって、月額会員になれば毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので、公開から間もない映画などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。

もし使い勝手が悪かったり、画質が悪かったりで、あなたの希望に合わなければ、無料期間内の解約もカンタンにできちゃいますので、気軽にお試しも全然アリですよ〜☆(2013年から使い続けている筆者的には、コンテンツが充実しすぎていて、スマホ並に手放すことが考えられないサービスです。言わずもがな、おすすめb)

U-NEXTの特徴とメリット

・見放題作品数80,000本以上、有料コンテンツも40,000本以上

・初回31日間の無料キャンペーン中にも600ポイント付与!(キャンペーン後は毎月1,200ポイント)

・動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌ユーザーはこれだけで元が取れそう)

・コミックなどの電子書籍は、付与ポイントで購入可能!(漫画ユーザーは超節約出来る)

・3つまでアカウントを無料追加出来るので、家族と共有しても視聴履歴などがバレない

U-NEXTのデメリット

・月額料金が1,980円(税抜)と他に比べると少し高い(がしかし、31日間は完全無料で楽しめる)

【※ココがスゴい!※】ポイントを映画チケット代に使えるのはU-NEXTだけ

 

筆者的には「U-NEXT」がおすすめ!

月額料金だけ見ると、一番高いので候補から外れやすい気もするのですが(無料期間であれば完全無料なので気にする必要はありませんが)、総合的に判断すると「U-NEXT」が一押しです。まず、「配信作品数」という数字には現れない、「観たい作品」が揃っている印象が強いです。多くの配信サービスは数で競っていますが、ユーザーとしては「観たい作品が見れるか」「面白い作品が見れるか」が重要だと思うんですよ。そこをU-NEXTはカバー出来ていると思います。(2013年から使い続けている私が保証しますw)

また、アカウントを4つ使用できるというのも地味に嬉しいです。月額1,980円(税抜)で4つということは、1アカウントあたり500円で作れるということです!しかも、4アカウント同時再生もできちゃうので、自分が部屋で好きなアニメを観ながら、子どもたちはリビングでアンパンマンを観ながら、離れて暮らすジジが映画を楽しみながら、アカウントを渡した友人が見逃したドラマを視聴する、なんてことができちゃうわけです。これは、他のサービスでは出来ないことです。(しかも、視聴履歴もお互いに見えません。プライバシーが守られます。)

あなたの状況もあると思いますので、100%満足出来るかは分かりませんが、あくまでヘビーユーザーの私の意見ということで、是非参考にしてみてください^^

\すぐに利用したい方は筆者おすすめのU-NEXTで/

 

  【ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)】作品情報

© 金田一蓮十郎/SQUARE ENIX
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© 「ゆうたの」製作委員会・MBS

  『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』見どころ

オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」をモチーフにした大人気漫画『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』金田一蓮十郎(掲載「ヤングガンガン」 スクウェア・エニックス刊)が、この度MBS/TBSドラマイズム枠で実写ドラマ化!
原作は、オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」で知り合った男女の物語。ゲーム内で女子キャラクターに扮して過ごしていたオタク男子が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをひょんなことからルームシェアに誘う。しかしゴローの正体は、イメージとは正反対なギャル系女子だった…!結局、2人は現実世界でシェアハウスを始めることとなり…!?という、ドラゴンクエストプレイヤー同士のまさに“パルプンテ”なシェアハウス生活を描くラブコメ作品だ。

主演を務めるのは、本田翼と岡山天音。強気なギャル系女子だが部屋ではすっぴんめがねというギャップのあるおかもとみやこ(ゲーム内では「ゴロー」♂)役には、女優としての活躍は言うまでもなく、ドラゴンクエストのガチプレイヤーとしても有名な本田翼が満を持しての登板!そして優しくて懐の深いオタク男子・さつきたくみ(ゲーム内では「パウダー」♀)役は、圧倒的な演技力と鮮明な存在感からドラマ・映画に引っ張りだこの今最もアツイ実力派・岡山天音が演じる。

本田×岡山のW主演でお届けする、ドラゴンクエストⅩから始まるシェアハウスラブコメ「ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)」にぜひご期待ください!

  『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』ストーリー

オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」内で仲良くなったゴローさん(♂)とシェアハウスすることになった、さつきたくみ(ゲーム内では「パウダー」♀・岡山天音)。シェアハウス開始当日、駅の待ち合わせ先で立っていたのは、ゲーム内のキャラとは似ても似つかないギャル系女子・おかもとみやこ(ゲーム内では「ゴロー」♂・本田翼)だった…!

最も苦手なギャル系女子とシェアハウス生活をすることになってしまったオタク男子・たくみだが、一緒にごはんを食べて、「ドラゴンクエストⅩ」で遊んで……!? ネカマ×ネナベのシェアハウスラブコメ開幕!!

  『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』キャスト

  • (おかもとみやこ)本田翼
  • (さつきたくみ)岡山天音
  • (大仁田)宮野真守
  • (あやの)筧美和子
  • (外山)ゆうたろう
  • (れいな)あの
  • (タカシ)稲葉友
  • (栗山)芦名星

 

  『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』スタッフ

  • 監督:田口清隆
  • 脚本:吹原幸太
  • 制作:ダブル・フィールド
  • 製作:「ゆうたの」製作委員会・MBS
  • 原作:金田一蓮十郎(掲載 「ヤングガンガン」 スクウェア・エニックス刊)
    スクウェア・エニックス(ドラゴンクエストX オンライン)

\すぐに利用したい方は筆者おすすめのU-NEXTで/

 

デイリーモーション(dailymotion)やパンドラ(pandora)など海外の無料視聴サイトで閲覧したい!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラといった「無料動画サイトで視聴したい」という場合も中にはあるかもしれません….どうしてもというのであれば、私はあなたを止める義務はありません。あなた自身の責任でご利用下さい。(※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

 

しかし、動画配信サービスなら安全に動画を楽しめるうえ、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)もたくさん楽しめるというのに、あえて危ない橋を渡ろうとする必要はありませんよね。とある動画サイトでは「ウィルス感染してPC壊れた」、なんて話もありますし、好きな動画は安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時2018年12月19日時点での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。

\すぐに利用したい方は筆者おすすめのU-NEXTで/

 

  『ゆうたの(ゆうべはお楽しみでしたね)』ネット上の評判