【ワンピース】926話「囚人採掘場」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ワンピース】926話「囚人採掘場」のネタバレ

>前回、「ワンピース」925話の内容振り返りはこちら

ワノ国 花の都

「またでたよー!!北の墓場のオバケ騒動! 2区8条では人切騒動!!犯人はご存知”人斬り鎌ぞう”」

町の中で瓦版が売られていた。

「丑三つ時に現れる”丑三つ小僧”もでたよ!!大金持ちから金を盗み、貧乏長屋に金をまく!!」

その通りは町の人で大変にぎわっていた。

そのなか、かつておでん城に仕えていた者たちは、誰かにいつのまにか逆三日月が描かれた紙を受け取っていた。

「本当に帰ってきたのか!?光月家が…!!」

その紙を受け取った者の中には、待ってましたとばかりに勇む者もいた。

「しかしお前ら武器はどうする、この国は侍以外は刀ももてぬ決まり…すべての武道も禁じられ、オロチはすでに反乱の力を摘んでおる!!」

それでも素手で立ち向かうつもりだといったのだった。
一方「新米くノ一 ナミ」としのぶちゃんは、城に侵入し海外から武器が大量に注文されているという情報をつかんでいた。

しかし屋根裏に潜んでいたことがばれ、あわやというところでしのぶちゃんの忍法「大凧」によって難を逃れる。

ナミは大量に武器が輸出される出航日と港の名前を掴んでいた。
ナミとしのぶちゃんが城下町に降りてくると、そこではサンジが屋台そば屋サン五郎として十八番そばを売っていた。屋台には長蛇の列ができていたが肝心の侍は集まっていなかった。
一方、「兎丼」採掘場 及び武器工場

ここでは囚人を使って大きな石を運ばせていた。

「ゼェ、ゼェ、これだけ…一日中はたらいて…」

そこでは大岩運び5回につききび団子一つで囚人をこき使っていた。

「年とっててめぇのメシも確保できなくなったか、ヒョウじい」

そういって看守は年老いた男と殴り飛ばした。

そこへ、キッドとルフィがすごい勢いで大岩を担いで走ってきた。

「待て待てもう乗らねえ」

運搬用の船には大岩が大量に乗っていた。

「石いくつ運んだ」

「500までは数えましたが…」

「海楼石は?」「ついてます!!」

「力抜けててあれか!!」

看守はルフィとキッドの働きぶりに驚く。

二人は大量のきび団子をもらい、競うように食べていく。

そこへ副看守長のドボンが現れ、ルフィ達が食料を食い尽くしたことに難癖をつけていく。

「しかし奴ら真っ当に働き、その対価で得た食料なので何も言えず……」

「てめえらのせいで大食らいの俺の食料はダンゴ3つだ!!!」

「万が一看守に楯突いた場合 1回で両腕切断、2回目で両足、3回目で死刑だから注意しろ」

そう言うと、一緒に来ていたカバのSMILEがルフィとキッドを飲み込んだ。

「可哀想に、口の中はドボン様の惨殺部屋」

しかし、カバが急に苦しみ出し倒れた。

中からはキッドとルフィが無事なまま出てきた。

それを見た他の囚人達は

「囚人の星〜!!!」と沸き立った。

 

 

スポンサードリンク

【ワンピース】926話「囚人採掘場」の感想

ルフィが大人しく囚われているわけはないと思っていましたが、まさかお腹一杯食べているとは……。
囚人達はこき使われていてかわいそうでした。中にはいい人もいるみたいだし、きっとカイドウ達に逆らったために囚われた人もいそうです。

武器制作のために働かされているんでしょうが、ルフィが脱出する際に他の人たちも逃げられたらいいですが……。

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 53号」に掲載されている【ワンピース】926話「囚人採掘場」のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。