【AKECHI】10話「笠森刑事」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「AKECHI」10話のネタバレ

トイレのドアを開ける中に居るはずの

里枝の孫がいない…!

窓が開いている

細身の人ならどうにか通れそうな位の

小さな窓だ

 

「しまったーーーっ!!」

窓から身を乗り出し

外の様子を伺う

「ギャッ」

と遠くで声がする

駆けつけると

トイレから逃げた孫が

笠森刑事に取り押さえられていた

ホッとする波越。

 

被害者は

斎藤里枝 63歳

亡くなった旦那が

この一帯の土地を持っていた為

資産家だが、派手な暮らしは

していなかったそう。

 

孫 斎藤勇 22歳は

殺害された里枝の孫で

事件のあった家で二人暮らし

第一発見者であり第一容疑者

勇の押し入れからは

現金3000万円が出てきており

里枝の指紋が検出されていた。

 

事件当日までsnsで金欠アピールしており

勇は窃盗の容疑は認めていて

里枝が殺害されている所を

目撃してへそくりを盗む事を

思いついたらしい。

 

殺害に使用されたロープは

量販店で一般的に販売しているもので

勇の指紋も検出されていて、

背中を刺した包丁は

台所にあったものだということが

わかっている。

誰もが、孫の犯行できまりだと

考えていた。

 

波越は笠森と周辺の聞き込み調査を

することになった。

里枝の評判はよく

トラブルなどもなかった。

孫とはあまり良い関係ではなく

言いあう声が聞こえてくる事もあった。

事件の時間に里枝の家の玄関が

開く音がしたが

すぐに閉まったとの情報も。

 

「犯行時刻ですね…
やはり犯人は
顔見知りですかね」

と笠森に耳打ちする波越だが

「書いてんだ
黙ってろクソガキ」

と取り合ってもらえない。

 

波越「笠森さんは
犯人は斎藤勇じゃないと
考えてるんですか?」

笠森「頭低くしろ」

波越「?・・・・・・
こうですか?」

言われた通りに頭を下げる

波越だったが、

ゴッ!!

と思いっきり頭を殴られてしまう。

笠森「刑事が推理すんな
余計な先入観で真実が見えなくなる」

「俺たちの仕事は事実“だけ”を集めて
報告する事だ…応えはそれが示す」

「集めた“事実”がひとつでも
間違ってたら
出る答えも間違っちまう」

と語る笠森。

 

署に戻り、先輩に

笠森について話を聞く波越

頑固な事で有名らしい。

 

笠森は昔、犯人の目星をつけた人物を

自殺に追い込んでしまった事があり

しかも、その人物は犯人ではなかった。

真犯人は笠森が一度取り調べた人物で

別の男を伺ってた笠森は証言の矛盾に

気付く事ができなかった。

そして、自殺した人物も

別の殺人事件に関与していて

バレる事を恐れての自殺だった。

それ依頼、笠森は

推理する気をなくしまったそうだ。

 

奥さんを亡くしてからは

ボケてきたのか

深夜徘徊する姿が

目撃されているらしい。

「さらにここだけの話
笠森さん娘がいるんだけど・・・」

 

場面が変わり、

やっと食事にありつき

店を出てきた所で

笠森を見かける波越

後をつけてみると…

そうやら、里枝についての

聞き込みを行っているらしい。

一日中歩きまわっているのか

時折、腰を叩きながらも

聞き込みを続けている。

 

銭湯ーーー

「あけっちゃ〜ん
死んじゃ〜うよ〜」

とおじいちゃんが

頭までお湯につかり

なかなか出て来ない明智を心配する

 

ようやく顔をだした明智だが

悲しみの表情…

ニュースでは

里枝が亡くなった事件が伝えられていた

ザバァッ

明智の顔にかかる大量のお湯

「!」

波越「行くぞ 明智」

 

事件があった斎藤宅

明智と波越は事件現場に

来ていた。

波越「ここで背後から首を絞められて
殺された」

「その後包丁で刺した」

「この屏風の傷は
おばあさんの最後の抵抗だろう」

 

現場の状況を見た明智は…

「波越くん・・・・」

「この事件の犯人

かなり頭のいい人物かもしれません」

と言うのだった。

 

一方、交番にて

1人で聞き込みをしていた笠森

「なにぃ!?
本当か!!??」

巡査からの情報に驚愕していた

事件があった日

4千万が入ったバッグを

大学生が届けてくれたそう。

それは、里枝の孫、勇と同じ

名自大学の学生

〔蕗屋 清一郎〕

という名前の人物だった・・・

 

スポンサードリンク

「AKECHI」10話の感想

笠森さんの娘さん…キーパーソンですかね?

わざわざそんな話を出したっていうのが

気になりましたね。

なんかなんとなくこういう推理ものって

先を想像してしまいますよね。

勝手に先を想像してみたんですが…

私の推理が当たっているのか…否か

次回が楽しみです!

まとめ

今回は、「ヤングジャンプ 52号」に掲載されている「AKECHI」10話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。