【夜になると僕は】21話「鉛筆で火傷をさせるには」最新話の確定ネタバレ・感想!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「夜になると僕は」21話のネタバレ

>前回、「夜になると僕は」20話の内容振り返りはこちら

馬場騎士の証言、六興建設社長の証言

そして、廃校での和を嵌めた実験。

これらで得られた情報を証拠として

和の逮捕状を請求したと語る三角。

 

ただ今回の事案は

特殊な能力の存在が前提となる為

令状の発行まで数日から

1週間ほどはかかるだろうと話す。

三角「それまで和から
絶対に目を離すな…いいな!」

「ハイ!!」

 

「ん…んん…」

目を覚ます和

三角の策略に嵌められたことを

思い出す。

「あれ!?」

「なんで自分の部屋にいるんだ?」

どうやらバスの中で眠らされて

そのまま部屋に運ばれたらしい…

 

和の部屋での様子を

部屋に取り付けたカメラで

監視する三角達。

三角「目を覚ましたな…」

望月家の近くに張り込みする仲間に

和が起きたことを伝える。

 

カーテンの隙間から外を伺う和

窓から見える駐車スペース

いつも〔緑の軽〕が

停まっている場所に

今日は違う車が停まっている…

警察の監視か…と察する和。

今、自分の逮捕状を取られている

最中かもしれないと考える。

 

部屋に落ちているゴミを拾う和

監視カメラで様子を伺う三角達は

ゴミを拾っただけと思ったようだが…

 

和は先を見込んで

エアコンのカバー内に

透明フィルムを仕込んでいたのだ

さっき拾ったゴミは

その透明フィルムだった

それが床に落ちているということは

和は部屋に監視カメラが

設置されていると分かったようだ。

 

和は、徐にCDを取り出し再生する

「音楽鑑賞とはずいぶん余裕だな
和くん
本当に自分の置かれた立場を
分かってるのか?」

監視カメラで様子を伺う

捜査員が口にするが、三角は無言だ。

 

和は音楽を聴きながら

思い出していた、、、

昔、姉にクラシックのCDを

借りた事。

姉はその曲を考え事をする時

よく聴くと言っていた事。

 

自分は今、崖っぷちだ

でも、決着がついたわけじゃない

姉の為にもここで諦めるわけには

いかない。

今までのことをよく思い出し

きっとどこかに活路があるはず…

と和は考えていた。

 

その頃、

桶田は廃校での実験の後に

自分の頬にくっきりと手形が

できた事を話ていた。

写真には桶田の頬にできた手形が

ハッキリと写っており、

手形の大きさなどから和の手と

一致しそうなサイズであるが…

桶田「ですが、興味深いのは
この手の痕から彼の指紋が
検出されなかったという点です」

そもそも、指紋の成分は

人の手の表面に付いた脂肪分

つまり物質

あの時、和の肉体は

バスで眠っていたのだから

指紋がでないのは当然と言えば

当然かもしれない…

言いかえれば和は

自分の体には一切触れずに

私をビンタしたことになる

考えれば考えるほど

不思議な現象だと話す桶田。

 

「こんな話を知っているか?」

桶田の話を聞いていた一人が話だす。

ハーバード・スピーゲルという

人物が行った実験で、

催眠術状態にした被験者に

『これから熱した鉄片を押あてる」

と宣言し、鉛筆の先端で触れた。

だが、被験者は熱いと叫び

触れた部分に水ぶくれできた。

というのだ、、、

偽薬効果というものがあるが…

和の能力も人間が持つ思い込みの

力と関係があるかもしれないな。

と話す。

 

和はCDの再生を止め

部屋を出る。

先ほど窓から見た

警察の監視かと思われた車に

近づくと運転席の捜査員に

「お疲れ様です
警察の方ですよね」

と声をかける

不審がる捜査員

「馬場が今どこにいるか
しりませんか?」

と問う和、

「いや…知らない」

想像もしていなかった質問に

驚く捜査員。

「そうですか

じゃあお互い頑張りましょう」

と言い捜査員と握手し

去っていく和。

 

すぐに三角に報告が入る

三角「何!?
馬場の居場所を訊いてきた?」

とにかく尾行を続けろ、

絶対に見失うな!と指示する三角。

まさか、逮捕される前に馬場を

殺そうとでもしているのか?

しかし、馬場は警察の監視下で

睡眠時間も管理されてる

殺害は不可能のはずだが…

 

三角「よし…急いで馬場の所へ
向かうぞ」

和が攻撃を仕掛けてくるかもしれない

和はおそらく諦めていないと考える三角

 

和『よし…第一段階はクリアだ』

『これで捜査の目が馬場に集中して
くれるといいのだが…』

標的の居場所もわからず

捜査陣に追いつめられ

後がない状況

だが、自分の能力が分析通りの

特性を備えているのだとしたら…

考えている時間はない

一か八かわずかな可能性に賭けるしか

なさそうだ…信じよう…

『復讐するんだ』

 

三角『さあ来い 和…』

『どんな手でも受けて立つぞ…!』

 

スポンサードリンク

「夜になると僕は」21話の感想

面白くなってきましたね!!

三角に能力も何もかもバレてしまった…

これからが和の腕の見せ所でしょう。。。

もう後には引けませんもんね…

復讐を達成するまで和は立ち止まらないでしょう。

まとめ

今回は、「週刊少年マガジン 52号」に掲載されている「夜になると僕は」21話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。