【呪術廻戦】35話・最新話のネタバレ・感想を発売当日にチェック!

【呪術廻戦】35話・最新話のネタバレ・感想を発売当日にチェック!
ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」35話のネタバレ

>前回34話の内容振り返りはこちら

「女の好み?なんで今そんなこと聞くんだよ」

東堂の問いに疑問を投げかける虎杖。

「気にするな。ただの品定めだ」と軽く流す東堂。

「よくわかんねぇけど強いて言うなら・・・尻と身長のデカい女の子・・・かなぁ」

と虎杖が答えた瞬間、藤堂の脳内には存在しない『東堂と虎杖が友達』という偽りの記憶が溢れ出したのであった。

 

偽りの記憶の中では2人は友。

高田ちゃんに告白するという東堂を止め、玉砕した彼を慰める虎杖。

この記憶の中では2人は普通の男子高校生で青春を謳歌する親友なのであった。

 

「どうやら俺達は”親友”のようだな」

偽りの記憶にふける東堂の口から出た言葉に

「今名前聞いたのに!?」と同様する虎杖は周囲を京都高専に囲まれていたことに気がつく。

 

次々に襲い掛かる京都高専に虎杖は彼らが自分を殺す気じゃねぇ?と思ったその時、大きな手を打つ音が響き、木の上から狙っていた加茂と虎杖の場所が変わっていた。

驚く虎杖と京都高専。その加茂の後ろには東堂が立っていた。

 

「おい」加茂目掛けて攻撃する東堂。

「言ったよな 邪魔すれば殺すと」

東堂の術式で場所が入れ替わったことに気がついた加茂は、「ちゃんと殺せよ」とつげ撤退したのであった。

 

殺しに来たり仲間割れしたりする京都高選に??な虎杖に対し藤堂は

「俺は親友に手加減するような野暮な漢じゃないからな」と戦闘態勢に入るのであった。

 

そんな様子を上空から見ていた京都高専メンバー西宮は、伏黒の式神に見つかり攻撃される。それに気がついた加茂はメカ丸・真衣に西宮のカバーに入るよう指示し二手に分かれた。その先で待ち受けていたのは伏黒率いる東京校メンバー。

加茂に挑む伏黒は「アンタら虎杖殺すつもりですか?」と告げるのであった。

 

スポンサードリンク

「呪術廻戦」35話の感想

やっぱり京都高専に囲まれてましたね~(前号のヨミばっちりでしたねw)

ちょっと展開が読めてしまうことに、打ち切りの足音が・・・。
ですが虎杖の女性の好みは読めませんでした!!
まさかの藤堂に同意!!東堂の妄想(偽りの記憶)はちょっと微笑ましかったです。

次週、真希と真衣のバトルあったらいいなと期待していますが加茂対伏黒1本のような気もしますW

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 50号」に掲載されている「呪術廻戦」35話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb