【鬼滅の刃】132話・最新話のネタバレ・感想を発売当日にチェック!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「鬼滅の刃」132話のネタバレ

全快した炭治朗は念願の柱稽古に参加、稽古を楽しんでいた。

10日程で次の柱の所へ行く許可が降り炭治朗が向かった先は無一郎邸であった。

無一郎に鍛えられた炭治朗は5日しか立っていないのに次の柱へ行って良いと言われ驚く。

 

そんな炭治朗に無一郎は笑顔で

「だって炭治朗は言ったことちゃんとできてるもん」という。

それを観ていた他の隊士たちが恐る恐る

「じゃあ・・俺たちももう2週間いるので・・」

というと無一郎は無の表情となり

「何言ってるの?君たちは駄目だよ。」と淡々と言い放った。

 

次の柱は甘露寺低で、甘露寺は炭治朗を笑顔でむかい入れた。

甘露寺流の訓練ではみなレオタード風の服を身にまとい、音楽に合わせて踊ることもしばしば。柔軟は地獄で、ほとんど力技によるほぐしだった。

 

次の柱は伊黒邸、炭治朗が挨拶しようとすると「黙れ 殺すぞ」と冷たい。

「甘露寺からお前の話は聞いた。随分とまあ楽しく稽古をつけてもらったようだな」

(甘露寺と伊黒は文通している)

「俺は甘露寺のように甘くないからな」

と眼光を効かせて語る伊黒に炭治朗はしょっぱなからとてつもなく嫌われている!と感じざるを得なかった・・・。

 

伊黒邸での訓練は炭治朗が処刑場?と思ってしまうほど壮絶な物だった。

部屋中に縛られ、猿轡をされた隊士たちがあらゆる場所におり、その隙間から攻撃してくる伊黒に一太刀いれないと訓練終了にはならない。

伊黒の太刀筋は異様な曲がり方をするし、縛られた隊士たちの隙間を狙おうとしたときの心の声が炭治朗の精神を容赦なく抉った。

4日たつと炭治朗は今までに無い正確な太刀筋で打ち込めるようになり、伊黒の羽織の袖を切り訓練終了となった。

 

最後まで伊黒に暴言を吐かれ、嫌われていると確信した炭治朗はなぜ嫌われているのか分からないまま次の柱邸へ。

柱邸へ行く途中、ボロボロになった善逸が現れ逃がしてくれと懇願されるが意味が分からない炭治朗。そこへ不死川が現れ、善逸に一撃いれると炭治朗に運ぶよう命じる。

 

歩きながら不死川に挨拶する炭治朗に

「調子にのるなよ、俺はテメぇを認めてねぇからな」

という不死川。すると炭治朗は笑顔で

「全然大丈夫です!俺も貴方を認めてないので!禰豆子刺したんで!」

と言い返すのであった。

 

不死川の訓練は善逸がああなるのも分かる厳しさだった。

不死川へ斬りかかっていく単純な打ち込み稽古であったが、ヘドをブチまげて失神するまでが一区切りでそれまで休憩無しだった。

特に炭治朗に対して当たりが強い為、初日にして炭治朗はぼっこぼこのゲロまみれ・・・

心が折れそうと思っていた矢先、玄弥の声が聞こえ声の方を覗くとそこには話したいことがあるという玄弥に弟はいないと言い切る不死川の姿があった。

>続き、次回133話へ

 

スポンサードリンク

「鬼滅の刃」132話の感想

今回も炭治朗の人の良さ前回で始まりました。 各、柱との稽古では炭治朗に対しての対応の違いが著明に出ていて面白かったです。まあ、どういう扱いされてもキラキラとまぶしい炭治朗はある意味ジャンプのオアシスで癒しですね~。

最後ページでまた人の良さゆえに、首を突っ込んでしまいそうな炭治朗が来週無事にいられるかどうかがかなり気になります。予想では不死川によりボッコボコにされるのでは!?

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 48号」に掲載されている「鬼滅の刃」132話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb