【呪術廻戦】33話・最新話のネタバレ・感想を発売当日にチェック!

ネタバレ注意
こちらの記事にはネタバレが含まれていますので、最新号をご自身の目で実物を手にとって確かめたいという場合にはご注意下さい。また、無料で最新話・最新刊を楽しむ方法も紹介していますので、よければこちらも一緒にチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

「呪術廻戦」33話のネタバレ

いよいよ始まる京都交流会1日目ルールを伝えられ、各校はミーティングを行うことに。

前回死んだとされていた虎杖が生きていたと分かった東京校は、
虎杖が遺影のフレームをもって正座させられるという壮絶な状態でスタートしていた。
パンダ先輩が許してやれと喋ったことや狗巻先輩の「しゃけしゃけ」という発言に驚きと?が両立する虎杖。
そんな虎杖に狗巻先輩は呪言師で、言霊の増幅・強制の術式の為安全を考慮していると伏黒、語彙を絞るのは自身を守る為でもあるとパンダ先輩が教えてくれるのであった。
パンダ先輩が喋れる謎にはだれも触れなかったが。
虎杖が増えたことで作戦変更するかと問う真希先輩に、
パンダ先輩は「悠二次第だろ。何が出来るんだ?」と聞くと虎杖は「殴る蹴る」と答え「そういうの間に合ってんだよな・・・」とあしらわれる。
「東京校・京都校全員呪力なしで闘り合ったら虎杖が勝ちます」
と言い切った伏黒に先輩達は驚くが真希先輩だけは「面白ぇ」とニヤつくのであった。

京都校サイドのミーディングでは学長の楽巌寺が
「宿儺の器 虎杖悠二は殺せ」と指示を出していた。
殺害指示に内心不満を持つ学生もいる中、加茂だけは
「死後呪いに転ずることを防ぐために呪力で殺します」と学長を支持する。
虎杖の首をとるのはたやすいことだと付け加える学長を前に、庄子を蹴破り出て行こうとする東堂。加茂が止めるが「今から高田ちゃんがゲスト出演する、これ以上の説明はいるか?」という東堂。「録画すればいい 戻れ」と嗜める加茂に「リアタイと録画両方観んだよ。ナメてんのか?」と切れさらに続けた。
「いいかオマエら 爺さんもよく聞け
女の趣味が悪いオマエらには疾うの昔に失望している
謀略 策略 勝手にやれよ
但し 次俺に指図してみろ
殺すぞ」と。
東堂も学長も退出した部屋で、残りのメンバーが作戦を練り直すが
虎杖だけでなく東堂も対応せねばならないと悩ませる。
そこに加茂は「京都校全員で虎杖悠二を襲撃する」と言い切る。

その頃別室では悟が歌姫に【高専に呪詛師・・・或いは呪霊と通じてる奴がいる】と話し、
今日側の捜査を依頼していた。

京都交流会へ向かう東京校メンバー。
そんな中、虎杖に「大丈夫か?何かあったろ?」と声をかける伏黒に虎杖は
「何もねーよ。・・・あった。」と目をそらし話し続ける。
「けど。大丈夫なのは本当だよ。むしろそのおかげで誰にも負けたくねーんだわ」
虎杖の脳裏には順平の姿があった。
「・・・ならいい。 割と俺も負けたくない。」
という伏黒に虎杖は笑顔で
「へへっ そんじゃまあ、勝つぞ」と意気込むのであった。

 

「呪術廻戦」33話の感想

虎杖が生きてた事・その間何をしていたのかはあまり問われないまま交流戦に入ることになりましたねぇ。
案の定、京都校の学長の嫌なところがバッチリ出てきました。
その学長に言い切った東堂は敵校ながらかっこよかったです。

東京校がまとまってきている中、少し亀裂が入りだした京都校。
その差が交流戦にどう響いてくるのか楽しみですね!

 

まとめ

今回は、「週刊少年ジャンプ 48号」に掲載されている「呪術廻戦」33話のネタバレ・感想を書きました!

やはり、実際マンガを手にとって読むのが、作品を楽しむには一番の方法です。お得に楽しめる方法もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

【自称:動画配信サービスマニア。U-NEXTガチ推し】2013年からU-NEXTを使い倒し(現在進行系)、その後もFOD・dTVなど様々な動画配信サービスの使用歴あり。今は、U-NEXTで放送中のアニメ・ドラマの見逃し再配信を中心に活用中。各社無料のお試し期間があるので一回何が自分に合っているか、試してみるといいですよb