【闇芝居5期】第12話のあらすじやネタバレ・感想は?最終バスにゾクッ!

みなさん、こんにちは!ありもです。

今週は映画を10作近く観てました。

今回は割と楽しめるものが多かったですね。

話題になってたホラー映画も鑑賞しましたが、良い出来でした。

 

今回の闇芝居12話『最終バス』についてです。

タイトルから連想して、バスでの事故か何かの

話かと思ったら一切そんなことありませんでした(笑)

スポンサードリンク

他にも〝最終〝と付くから最終回か

とも思ったのですが、13話で終了みたいです。

やはりホラー界においてが13の数字は意味深いですね。

(ジェイソンでお馴染みの13日の金曜日など)

 

調べてみたら、闇芝居は

決まって毎回13話完結になっていました。

その中で、夜行バスの回があったことを思い出し、

懐かしさを感じてしていました(笑)

 

ちなみに夜行バスの回のあらすじですが…

 

主人公が腹痛で、無理を言って

バスを止めてもらいトイレに。

戻ってくると似たようなバスがたくさんあり、

間違えたバスに乗車してしまう。

 

発車したバスの中で、間違いに気づくも手遅れで

それは死後の世界へ誘う

永い永い旅路の始まりとなってしまった。

 

こんな感じのお話でした。

ざっくりとですが、紹介してみました!!

 

スポンサードリンク

【闇芝居5期】12話『最終バス』のあらすじ・一部ネタバレ

今回のテーマは怨恨ですね。

怨恨と難しく書きましたが、深い恨みのことです。

恨みという感情は人を突き動かす

大きな原動力になりかねないですよね。

 

ニュースなどでも怨恨による犯行など耳にするので、

人を殺しかねない程の強い感情であることが解ります。

 

ホラー映画の幽霊ものなんかでも、

恨みの深いと悪霊となって人に

危害を加えるような話が定番かと思います。

 

成仏することなく、

死後の魂までも束縛してしまう程の

強い感情ということも想像できますね。

 

でも最終バスというタイトルだけでは、

怨恨という言葉が上手く結びつかないですね(笑)

 

それでは、最終バスのあらすじです。

今回は最終バスに乗ったOLの話です。

彼女は、思うように人生がいかず

不満を抱いていました。

 

彼氏とも上手くいかず、

会社では部長のミスを押し付けられそうになり、

結局は後輩が責任を問われたようですが

順風満帆とはいっていない様子。

 

後輩を見て見ぬふりすることで、

やり過ごすことにしました。

彼女は眠気を覚え、

うとうとと眠ってしまいます。

 

まどろみから覚めると、

前の方の座席の着物の女性一人を除いて

他の乗客はいなくなっていた。

 

着物の女は後方に座る彼女に聞こえる程の声量で

独り言を言っているようだった。

彼女は次第にその独り言に耳を傾ける。

 

さっきまで満員だったはずの

バスの車内には誰もおらず、

嫌な予感を感じて、そっと横に視線を向ける。

 

隣には女が一人座っているが、

それが中学時代の親友であることに気が付きます。

彼女はいったい誰の話をしているのか

気味悪く思い、関わらないようにと目を閉じる。

 

女は構わず独り言を続ける。

 

その親友は次第にクラスメイトから

イジメを受けるようになった。

イジメはエスカレートしていくが、

親友も含め、誰も救いの手を伸ばそうとはしなかった。

 

親友だけは助けてくれると信じていたのに

見て見ぬふりをされ、亡くなってしまった。

 

停留所について、

慌てて席を立って乗車口へ向かう。

 

気配を感じ振り返るとそこには、

背後にべったりとへばりついた親友の姿が。

そして親友は「見えてるなら助けてよ」

とあざ笑うように呟きます。

 

彼女が目を開くと、コチラをのぞき込むように

顔を近づけた着物の女の顔がありました。

やがて、彼女は停留所を降りたところで

着物の女の足元に這いつくばってしまいます。

 

彼女は必至に周りの乗客に助けを求めるのでした。

「見えてるなら助けてよ」と。

彼女に差し伸ばされる手はなく、

彼女は着物の女と共に消えてしまった。

 

今回は、中々に巧妙なお話しでしたね。

では、簡単に解説と考察です。

 

【闇芝居5期】12話の解説と考察

一見して、着物の女が話す内容は

OLの過去のことに思えますが、大きなひっかけです。

 

この話にはOLと着物の女、親友が主に登場します。

しかし、OLと着物の女は全くの別人です。

 

着物の女が語る独り言は彼女自身の過去でした。

つまり、親友とは着物の女の親友にあたるわけです。

 

気になるのは着物の女の正体ですが、

彼女は恐らく何らかの形で

亡くなっていると考えるのが普通です。

 

着物を着ていることや

OLと共に消える様から、

存命の人間とは考えにくいです。

 

では何故、彼女は消えなければならなかったのか。

答えはお話しの冒頭にありました。

 

部長に責任を押し付けられた後輩にとった

『後輩を見て見ぬふりする』行動です。

 

彼女は見て見ぬふりをしたことで

怨恨の連鎖に選ばれてしまったのでした。

 

それでは感想です。

今回はとても怖かったですね。

 

演出もさながら、

作中にねっとりと絡みつく怖さがありました。

久々に寒気を感じながら、視聴してました(笑)

 

イジメの被害者から始まった怨恨が

今も続いていること、それだけでも怖いですが

全く接点のないOLにまでをも

飲み込むその恨みの深さたるやですよ。

 

やっぱり自分が一番可愛いですから、

自分もイジメられたらと思うと

見て見ぬふりをしてしまうでしょうね。

 

イジメがいけないのは勿論ではありますが、

一握りでも手を差し伸べる勇気で

結末を変えられることを示唆させるようなお話でした。

 

おわりに

冒頭にも記述しましたが、闇芝居は次回で最終回です。

最終回は特殊な演出が入ることが多いのでそこにも期待です。

 

今回は28時05分~の放送でした。

来週も同枠の可能性があるのでお気を付け下さい。

(もはや早朝)

【闇芝居5期】最終回のあらすじやネタバレ・感想は?無料視聴の方法も!

2017.10.03

 

闇芝居 5期の見逃し配信

闇芝居を見逃した…

闇芝居見てみたい!!

という場合には、U-NEXT

見逃し配信でチェックするのがおすすめです^^

 

しかも、今回の第12話だけでなく、

遡って1話からチェックできちゃいます。

 

更に、5期以前の作品も見られるので、

ファンにとってはたまらない代物です。

 

今なら31日間、無料でお試し出来るので

「まずは1ヶ月だけ」から始める事も可能です♪

 

他にも、かなり沢山の作品が眠ってますので

掘り出し物が見つかるかもしれません。。。

 

U-NEXTの詳細についてはこちらから

 

という訳で、

また次回の記事もお楽しみに♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします